21/04/16 05:32

お花見ドライブ

川向うに桜の並木道が見えます。
国道406号の小鍋地区、桜のトンネルです。
行ってみましょう。
4月12日のお花見ドライブです。

深く険しい渓谷の間に遠く真っ白い山が!
北アルプス唐松岳です。

大阪造幣局の桜の通り抜けは有名ですが、ここも桜の通り抜け。楽しいドライブですね。

たまにしかバスが来ない田舎のバス停。
向うの山の中腹には菜の花と桜がいっぱい!

さっき走ってきた道が見えます。街へ買い物に行くときはいつもこの道を通ります。

 

谷間の川べりまで下りて行くと、前から気になっている古民家があります。背景の岩山が凄い!

ずいぶん前から空き家になっていて、数年前までは三絃教授という看板がありましたが今は撤去されています。
三絃は三味線の別名だそうです。
渓谷の川沿いに三味線の音が静かに響くのは良い風情だったでしょうね。
壁に描かれた紋様は家主がご自分で描かれたのでしょう。良い趣味だと思います。

今度は高い所まで行って見ると、
険しい崖の上の山に集落が点々と見えます。
こんな所にも人々の生活があります。
昔は外界からは隔絶された場所だったので、忍者の里だったという話もあります。
近くに平家の落人伝説の村もあります。
ちなみに私の家は、この山の向こう側ずっと上の奥のほう車で30分で、こことは標高差が500mあります。

次は神代桜へ行きます。市街地にほど近い高台にあります。
いつもなら旧天皇誕生日の4月29日に見頃だったのに、今年は異常なくらい早いです。
右上の写真も神代桜に変更しました。
樹齢1500年とか2000年とか言われています。
この桜はソメイヨシノではなく野生種のエドヒガンです。
だから長命なのです。

長野市の市街地が眼下に見えて来ました。
お花見の名所城山公園が中央に見えますが、桜はもう終わっている様子で赤っぽい色に見えます。

 

家に帰って来ると、近所の家の裏庭にフキノトウがこんなにたくさん!
もう花が咲いてしまっていて食べられません。ここは別荘なので家主は夏しか来ません。
雪が全部消えるのはまだ先です。

この丸太が最近のトラちゃんのお気に入りです。
上で見張りをしたり爪とぎをします。
綱渡りの練習も(笑)
体操選手なら得意種目は平均台かな。

カテゴリ[ ]   コメント[8 ]   トラックバック[0] 

21/04/09 04:40

春になってきました

昨日街へ行ったら桜は満開をちょっと過ぎたところでした。
8日間も。長持ちしますね。
去年の記録を見たら、ここでは5月3日に開花でしたが今年はずっと早くに咲きそうです。
去年は暖冬で雪の量はとても少なかったですが、春になってから寒くなって開花が遅れました。
雪はまだ残っています。膝より高い所も。
普通は5月初旬までありますが、今年はずっと早く消えそうです。
しかし今日はまた雪が降っています。幸い積もるほどではありません。

待望のキクザキイチゲが咲きました。
小さくて弱々しいのが一輪だけ。
この微妙な色合いが魅力です。
日本海側に行くともっと濃いブルーだそうです。

アズマイチゲは葉っぱが茂るだけで花はなし。来年に期待です。
プランターに植えて2年間はたくさん咲きましたが、地植えにしたらなぜか咲かなくなってしまいました。

チオドノクサです。
ヨーロッパ原産でギリシャ語だそうです。
私は「チオどの草?」日本語だと思っていました(笑)
もう植えて何年になるでしょうか。球根なので同じ場所に毎年咲いてくれます。

フキノトウですが、こうなるともう食べられません。
観賞用です。
赤カブも菜の花が咲きそう。花芽はとても美味しい。

できそこないのチンゲンサイも美味しい菜の花になります。
花芽を毎日ちぎって汁の実に。

庭に出たこれはたぶんエノキタケ。冬のキノコです。
見つけるのが遅かった。来年に期待です。

布団からキノコがはえた?(爆)
明るい光を当てたら目覚めて不機嫌そうな顔をしました。

 

ネコヤナギは小鳥たちに大人気です。

 

ヒガラはシジュウカラよりずっと小さく、頭の後側に白い縦のストライプ。「チビチャン、チビチャン」と美声で囀ります。(笑)

コガラはヒガラとシジュウカラの中間ぐらいの大きさで、黒いベレー帽をかぶって全体に白っぽいです。一見大福餅のような(笑)

ヤマガラです。リスのためのクルミはその後ヤマガラ専用になりました。2羽で食べに来ます。
去年うちの巣箱で生まれた子かも。
リスが食べないピーナツもヤマガラが食べます。
写真はないですがシジュウカラもいました。
マヒワはそろそろ北帰行です。
しっかり腹ごしらえして渡りに備えます。
春は美味しい物がいっぱいですね。

桜餅についてラジオで詳しい話を聞きました。
桜と食の研究家・平出氏「美味しい桜」という著書があります。
300年前に東京墨田区の長命寺の前の菓子屋(このお店は今も続いていて桜餅専門店)が考案し、それが大阪に伝わったのは100年後。
当初は江戸と同じ物が販売されていたが、後に京都で道明寺粉を使った物が考案され、それに置き換えられた。
今では名古屋より西では東京と同じ物は販売されていない。
一方、青森県弘前市は桜の名所として名高いが、桜餅はほとんど売られていない。

カテゴリ[ ]   コメント[18 ]   トラックバック[0] 

21/04/02 00:33

雪解け

もう4月ですね。4月1日は聖火リレーで混雑するので、
3月31日に街へ買い物に行って桜を見て来ました。
7分咲きぐらいでお花見にはちょうど良いところでした。
不思議なことに梅も同時に満開でした。
東北など北国では梅と桜が同時に咲くんですが、桜が早くなっても梅は早くならず相変わらず同時に咲いています。

お花見というわけではなく、スーパーの駐車場からチラッと見た程度。
お花見用のご馳走もお菓子も買いませんでした。
なんだか気分が乗りません。コロナがまた急激に増えているせいもありますが、今年は桜が早すぎて面白くありません。
長野では史上最高に早い開花でした。
ありがた味がありません。ということで桜の写真はなし。
うちの桜が咲く頃になったらご紹介します。
だいたい3月に桜が咲くなんて間違ってます。
私が小学生の頃は校庭の桜は4月20日に満開でした。
春が遅いから嬉しいんですよね。

帰り道の道端にアズマイチゲが咲いていました。
絶滅危惧種だとかいう情報もありますが、たくさん生えています。
ここに来るまで見たことのない花でした。
この花は最高に大好きです。純白ですね。
たまにピンクっぽいのもありますよ。
うちの庭にも植えてあって葉っぱが少し出て来ましたが、花はまだまだ先です。
福寿草やクリスマスローズと同じキンポウゲ科で、福寿草より少し遅れて咲きます。
花が咲き終わると葉っぱは枯れてしまって、夏眠に入ります。どこに生えていたかわからなくなります。

トラちゃんのお散歩コースの「お花見広場」です。
雪解けが進んでいます。
今年はいつになく雪解けが早いです。
山桜の大木があって、4月末にはここでお花見ピクニックができるんですよ。
今年はもっと早く咲くと思います。

数年前の4月21日の写真です。上は落ちかかっている屋根の雪です。
こんなに気候が違うんです。前はこれが普通だったんですよ。
地球温暖化が急激に進んで、この土地には住みやすくなりました。(昭和30年代まで誰も住んでいませんでした)

1900mの山の頂上の雪も消えかかっています。
黄砂で山が少し霞んで見えます。
左端に家が一軒だけ見えますね。
こんな爽快な所に住んでみたいと思いませんか?
でもさえぎる物がないので風が強そう。冬は台風のような北西風が吹くんです。
周囲は高原野菜の広大な農場です。北海道を連想します。
ここは標高900mぐらいかな。
この場所は私の所よりも温暖なので雪はもう消えていますが、私の所にはまだ大量に残っています。
場所によっては人の背丈ほどの高さになっています。
それでも今年は平年の半分です。前は夏を越して万年雪になりそうなほどでした。

庭の畑に植えてあったキャベツの苗は雪でペチャンコになりましたが、今後復活してきそうです。
6月頃には丸い大きなキャベツが収穫できるかな?
初めてのチャレンジでしたが、ちゃんと冬越しできました。
右はロウバイです。やはりペチャンコです。
種から育てて12年ですが、まだ花は咲きません。
いままでは雪でペチャンコにはなりませんでしたが、今年はどうしたことか・・・
雪は少なかったんですけどね。
キャベツと違ってこれは枝が折れていてダメージが甚大です。
枯れることはないと思いますが、いつまでたっても大きくなりません。

アブラチャンが咲きました。
苗を植えて5年目、初めてで目出度いです。春真っ先に咲く花なんです。
サンシュユに似ていますが別種でクスノキ科です。
山にたくさん自生しています。

ナニワズも春一番に咲く花です。
北国の珍しい花ですが、黄色いジンチョウゲと言えばわかりやすいでしょう。しかし香りはほとんどありません。

早春には黄色い花が多いですね。
福寿草も今近所に咲いています。
「福寿草前線」が今到着。桜前線はいつかな?

さて、そろそろ巣箱の準備を。
毎年ヘビにやられて悲しい思いをするので、横に非常口を作りました。
外からは入れないけど、内側からは出られます。
時代劇で見た昔の武家屋敷を参考にしました。
敵の襲撃を受けたときに床の間の掛け軸をめくると、裏に隠し扉があってそこから逃げるんです。
巣箱の下には去年と同じようにヘビが登れないようにビニールシートのスカートを付けます。
しかしこれはどうやら完全ではないようでした。
ヘビとの知恵比べです。

嫌な冬がやっと終わりますが、これからはヘビや蜂や熊など野生動物が怖いです。
一番の心配は致死性の毒を持つスズメバチです。家に巣を作られたら大変!
巣は作り始めのうちに発見して駆除しないと。
大きな女王蜂を見つけて駆除すれば一番能率的なんです。
トカゲが冬眠からさめたので、他のいろんな動物も活動を開始する頃です。

トラちゃんは毎度同じです(笑)
変わりないのは元気で平和だということですね。日向ぼっこしてゴキゲンでお手入れをしてニコニコ。

カテゴリ[ ]   コメント[12 ]   トラックバック[0] 

21/03/26 00:45

掲示板は終了

ブログよりずっと前から12年間続けて来た画像掲示板ですが、残念ながら終了になってしまいます。

他に人気の高いSNSがたくさんでき、今はマイナーな存在になってしまっていました。
10年前頃は大人気だったんですよ。
自分としては2000年頃に掲示板から入門したので、掲示板が好きなので残念です。
しかし時代は変わり、世間一般には掲示板は不人気になってしまいました。
Facebookは友人の誘いで義理でやっているようなもので、自分としては面白いとは思いません。
ブログの宣伝に役立てようと思ったのですが、ブログのほうには誰も来てくれません。
「いいね」「超いいね」「ウケるね」
なんてのが面白くありません。チラッと見て「いいね」ポチッとやるだけで終わってしまいます。
コメント書き込む人はほとんどいません。コメントは文頭しか表示されず「もっと見る」をクリックしないと下の方は見えてきません。だから最後まで読んでくれる人は少ないと思います。
早合点で逆の意味にとられてしまうことがあります。
とても浅い交流で、しかし交友範囲は広くて何十人何百人。
「意味ないじゃん」って言いたくなります。
ツイッターは文字数制限があるので、同じような傾向でしょうね。政治的な議論をする人が多いようなので敬遠です。
インスタは面白そうですが、あれこれ手出しすると忙しくて管理できません。
今後もブログ中心で行きたいと思います。皆様よろしくお願いします。

前回のリスの写真、よく見るとおヒゲが立派です。
それで思い出したのが明治の偉人で昔の100円札の板垣退助です。ちょっと似てませんか?
似てないよなぁ(笑)
子供の頃からこの威圧感あるヒゲがとても気になっていました(爆)

数日ぶりにまた来てくれました。逆光で写りが悪いし窓ガラスの汚れが目立ちます。

暖かい日の午後、トラちゃんは森のお散歩をしました。藪をくぐって進みます。

厳しい表情、野生の本能、凛々しいです。

右見て左見て、安全確認。熊は来ないか?犬は来ないか?キツネは?

伐採した白樺で作業用の椅子を作りました。
右の古いのは松の木です。
高さは38cmが使いやすいです。お客様が来たときはこれを使って外で食事をします。

またまた桜餅です(笑)
紅白のが売ってました。成分表を見たら「もち米・小麦粉・でんぷん・こんにゃく粉」
工夫を凝らして作られているのがわかりました。

あれからまた月を撮りました。左側の模様が「ウサギの餅つき」です。
結構綺麗に撮れたと思いますが、生で見るともっと細かい所まで鮮明に見えています。
そこまで全部写るとすごいのですが。

翌日また撮影して、特に目立つクレーター「コペルニクス」を部分拡大です。
真ん中にあって、月のヘソのように見える一番目立つクレーターです。

火山ではなく隕石の衝突でできたらしい。
月のクレーターには昔の偉人の名前が付いています。残念ながら日本人の名前はほとんどありません。

 

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[14 ]   トラックバック[0] 

21/03/19 05:32

日向ぼっこ

リスちゃんが
朝日に当たって気持ち良さそうに日向ぼっこ。
20分ぐらい同じ場所にいました。
元日に野鳥の写真でご紹介した自作の望遠レンズで撮りました。
これは鮮明に撮れて最高傑作です。

毛づくろいして向きを変えて、下ります。
隣の木に登ります。
一日おきぐらいにクルミを食べに来ます。春になってきたので他にも美味しい物があるのでしょう。

トラちゃんも日向ぼっこ。
お行儀よくて模範的な姿勢です。横から見るとひょうたん島。

夜はぐっすりお寝んね。

 

また桜餅です(笑)
今度のは皮が柏餅と同じでした。
この前の趣向を凝らした2種類には負けている感じですが、味は良かったです。中身は粒餡でした。
製造元は県内でした。佐久市の有名な菓子店です。

 

邪魔だった庭の白樺を切りました。危険できつい作業でした。

桜の枝も大胆に切りました。電線に干渉しそうだったんです。
「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」
と言われますが、これは山桜なので切っても大丈夫です。
野生なので強いです。
ここに住むようになった頃は細くて小さい木でした。
花はたったの5輪しか咲きませんでしたが、今はもう立派な大木になりつつあります。満開になると見事です。
東京では桜が咲いたそうですが、ここはまだまだ先。
いつもは5月ですが、今年は特別早くてたぶん4月末でしょう。
きっとたくさん咲いてくれると思います。

昨夜撮った月です。
なかなか良く写りました。この前の「復活した名機」です。
春の三日月は弦が上を向いているので、船のように見えて風情があります。(これは三日月ではなく五日月です)
こんなに拡大せずに肉眼で見るほうが風情がありますね。

カテゴリ[ ]   コメント[10 ]   トラックバック[0]