19/09/06 00:39

美しいキノコ

おとぎの国から来たみたいなキノコ。
待ってました!タマゴタケです。
右後ろにも小さいのが顔を出しています。

観賞用というだけでなく、高級食材です。
マツタケやシメジと肩を並べるぐらいの。
このくらいの傘が開ききらないのが一番美味しい。
和食には相性良くないですが、油で揚げてから洋風スープやパスタに。
鯛のような味がします。
食感も良いです。歯ざわり爽やか。

油で揚げた後、鶏ムネ肉を塩と生姜で蒸し焼きにした物と合わせました。
マヨネーズと青ジソをふりかけて。
パンのおかずに最適です。

見分け方ですが、簡単。
柄とヒダが黄色い。傘に条線がある。
この2点が重要です。
柄とヒダが白くて、傘に条線がなく白いポツポツがあるのは毒のベニテングタケ。
柄とヒダが白くて根本にツボがないのはドクベニタケです。
赤いキノコの90%はドクベニタケです。やたら多いです。

ちなみに、これと形が同じで赤くないキノコ。
茶色とか白とか黄色とか、それは恐ろしい猛毒キノコです!!
地味なキノコほど危ない事を知っておいてください。

 

可愛い野菊 薄紫よ♪
高原はもうすっかり秋。

雨上がりで水滴の付いたユウスゲ。
私が一番好きな花です。
軽井沢に「ゆうすげ温泉」てあったけど、良い風情ですね。
夜咲く花ですが、これは早朝でまだ間に合いました。
すぐにしぼんでしまいます。

ミニトマトがなってきました。
でも、もう秋。
赤くならないうちに冬になってしまうかも。
そしたら野菜炒めにして食べます。

この前ご紹介したニラの花ですが、これです。
このぐらいの蕾を味噌汁などに入れると美味しい。
右はシソの花です。
これを刺し身醤油にパラパラと散らすと

料亭の味になります^^¥

飛騨赤かぶを蒔きました。
すぐに芽が出ました。
早く大きくなーれ。冬はもうすぐそこです。
漬物にするととても美味しい。

 

綺麗な蝶々が来ました。
ルリタテハです。
羽を広げたところを撮りたかったんですが。
今年はどうしたことか、蝶が少ないです。

 

トラちゃん、優しい秋の日ざしで日向ぼっこです。

優等生のポーズ、リラックスしたポーズ。

将来の職業は自動車整備士かな。
マア、猫車か乳母車ぐらいがいいとこだと思うけど(笑)
※猫車をご存知ですか?運送屋が荷物を運ぶとき使います。

カテゴリ[ ]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

ツヤツヤのタマゴタケ、きれいですね(*^-^*)
キノコは、香り・歯ざわり、どちらも傘の開ききる前が一番ですね。
青ジソにマヨネーズ、美味しそうです。

ミニトマト、赤くなるかどうか、ビミョーなところでしょうか。
赤くならなかった場合は、ピクルスはいかがでしょう(*^-^*)
トラちゃんも、お外を楽しんでますね
そちらも10月になれば、寒くて外ではじっとしていられなくなるでしょうから、今のうちに(=^・^=)
猫車、知りませんでした〜。
投稿者: pil   19/09/07 21:47
pil様
コメントありがとうございます。
ついに極上のタマゴタケをゲットできました^^¥
貴重品なので少しずつ食べています。
よく味わって食べています。
椎茸や松茸のような強い味はありませんが、微妙な旨味が良いと思います。
クセが少なくて主張が少ないから美味しいのです。

青いミニトマト、ピクルスを上手に作ることができたら最高だと思います。

猫車ですが、油が切れるとキーキー言ったので、鳴くような音が猫の声のようで「猫車」になったのだそうです。
単なる普通の手押し車です。
猫の顔が描いてあるわけではありません(笑)

今日は下界では真夏の猛暑だったらしいです。36度とか言ってました!
ここでも結構暑かったです。
おかげで洗濯が良くできました。トラちゃんの日光浴もgood(=^・^=)
投稿者: ロッド   19/09/07 23:16
縁に描いたようなキノコですね。
これを森で見つけたら毒キノコだと思うでしょう。
お隣さんの庭の隅に咲く野菊はもっと秋深まってからです。
いかにも秋の花の色ですね。
トラちゃん外が気持ちいい季節だね♪
手押し車を猫車というのは知りませんでした。
建築現場で”猫持ってきて!”とか言うのかな(^^)
投稿者: NEccoSun   19/09/08 20:16
NEccoSun様
コメントありがとうございます。
正直言ってコレ初めて食べるときは勇気がいりました。

この色の野菊は大好きなんですが、すごい勢いで増える雑草なんですよ。
甘く見ると大変な事になります (^_^;)
春先の若い芽は美味しく食べられます。

ネコ車は建築現場ではあまり見かけません。運送屋が毎日使っています。
「ネコどこ行った?」なんて言います。
投稿者: ロッド   19/09/08 20:59
私はキノコはまだ素人だから、もし目の前にこれがあっても摘んで食べるまではしないと思います(^^;
もちろん、とても興味があるので、詳しい方が一緒だったら摘んで食べてみたいというのはすごくありますが。
トマト、苗をいくつかもらって庭のプランターに植えてますが、全く赤くならずに緑の状態が長く続いてます。日光が午後からしか当たらないし、気温も低いせいなのかなあと思ってて、赤くならなかったら食べられない?と思ってましたが、そうですね、緑のままでも炒めれば食べられそう!
これで無駄にせずに済みそうです^^
猫車、知りませんでした。ググったら手押し車が出てきたんですが、Wikiの説明に、”ドイツでは手押し車を俗にKipp-Japaner (日本人) と呼ぶ”とあってびっくりです(汗)。
猫とか、日本人とか、小さいもののイメージでしょうか(汗)。
投稿者: alpenkatze   19/09/10 00:46
alpenkatze様
コメントありがとうございます。
キノコは直接人に教わるのが一番良いです。
キノコに詳しいお友達ができると良いですね。

トマト作ってるんですね。
やはり私と同じ悩みでしたか。
寒冷地ではトマトは温室栽培の必要があると思います。
苗は5月には植えないと夏までに間に合いませんが、5月はまだ寒いのでビニールで囲って温室にしないと。
これからは日差しが弱いし寒くなっていくので、なかなか赤くなりません。
青いトマトはこちらでは道の駅でも売られていますよ。
pilさんはピクルスが良いとおっしゃってますが、ハーブなど上手に配合して美味しく漬ける自信がないですが、塩と酢で漬けても良いでしょうね。
簡単なのは油炒めです。

ネコ車の話、意外と面白くなってきました。
うちにもあるので次回写真をお見せします。
ドイツでは日本人と呼ばれている?これは摩訶不思議です。
投稿者: ロッド   19/09/10 06:37
今年はタマゴタケが豊作とか。
昔は毒キノコと思われてて食べられてなかったとテレビでの情報です。
パッと見ると毒キノコに見えちゃいますが、ロッドさんにとってはゴックンとしちゃう美味しいキノコなんですね。
ルリタテハは一度だけ見た事があります。
翅を閉じていると地味で気が付きませんね。
蝶撮りさんが居て教えてもらって初めてわかりました。
大きなカメラを持っている方は親切ですね。(≧▽≦)
投稿者: なっつばー   19/09/15 00:34
なっつばー様
コメントありがとうございます。
タマゴタケがニュースになったのですか。それは面白い!
西洋では「シーザー(王様)」とか言われて珍重されてきたそうですが、日本では無視されてきたみたいです。
地元の長老に見せても無反応でした。
明治時代、江戸時代の人は食べなかったのでしょう。

パスタなどに利用されるマッシュルームも同様の扱いです。
栽培物だけでなく日本にも天然物がありますが、
裏が黒いし煮ると汁が黒くなるので「ススタケ」と言われて嫌われてきました。
西洋料理への相性は抜群なんですけどねぇ。
やはり食文化の違いなんでしょう。
煮るとまずいんです、炒めたり揚げたりすると美味しい。

タマゴタケは鯛のような味ですが、ニジマスや鯉や鮎の味にも似ています。
チーズやバターに合わせると美味しいです。

蝶の撮影は楽しいですね。難しいから楽しいんです。
蝶の機嫌をとってやらないといけません。対話が成立することがあります。
うまくすれば手に止まることもありますよ!
ルリタテハはとても少なくて貴重なんですが、他にも孔雀蝶とか、キベリタテハとか、珍しい蝶がいます。
今年はほとんど見かけません。
投稿者: ロッド   19/09/15 20:21


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません