20/05/29 05:36

おめでとう!!

ヤマガラが巣立ちました  (*^o^*)/
おめでたいです。赤飯でも炊いて祝いたいくらいです。
23日に1羽、26日に4羽です。全部で5羽というのは最大の数だと思います。
しかし3日も間を置くなんて普通ではありません。

最初の1羽は発育が特別良かったので、勢い余って飛び出してしまったらしい。
しかしまだよく飛べなくて地面に落ちてしまいました。
見たのは1羽だけでしたが、このとき何羽だったのかわかりません。
その後一人で生きていけたのか、心配です。
親が通って世話をしていたと思いたいですが。

巣の中がどうなっているのか心配でしたが、まだ雛が残っているとみえ、親鳥がせっせと餌を運んでいたし、大きな糞を運び出して捨てに行っていたので中には雛が残っているのがわかりました。
夫婦2羽でよく協力して子育てしていました。感心です。
餌はセミまで食べていました。春蝉なので小さいセミですが、それでもヤマガラにしてみれば大きい獲物です。
羽を食いちぎって解体していました。
ヤマガラは嘴が強いのです。ピーナツなど両足で支えて突いて食べます。
キツツキのようにコンコンと木もつつきます。

3日後の巣立ちでは、もう飛べる状態になっていました。
下に落ちてしまうことはなく、直接隣の木の枝まで飛びました。
巣箱の中からゴトゴト音がしていたので、大暴れしていた様子。
羽をバタバタやって飛ぶ練習をしていたのでしょう。

ヤマガラはとても賢い鳥です。
神社でおみくじ引きをやるし、山寺で座禅を組んでいる僧侶の肩に止まることもあるそうです。

シジュウカラが言語を持つという最新の研究がありました。
たぶんヤマガラも同じ、あるいはもっと賢いと思います。
言葉の種類は多くないですが、感心したのは
「蛇が来るぞ!」というのがあるんですよ。
巣箱に蛇が入って来たら逃げようがないですから、親鳥は蛇が近づくと雛に知らせます。
雛はまだ巣立ちの時ではなくても、外に飛び出して難を逃れます。
早く外に出ると危険がいっぱいですが、蛇に食われるよりマシです。
シジュウカラの雛は甘えていて、巣立ちできる状態でもまだ巣箱の中でヌクヌクしているのだそうです。
だから少し余裕があるので蛇から逃げることができる。
小さいときに襲われたらダメですけど。

うちで生まれた雛ですから、みんな家族のようなものです。
いつも遊びに来てほしいです。
秋になると他のカラ類と一緒に群れを作って毎日通って来ると思います。
人を恐れず、すぐ近くまで来ます。

 

トラちゃんは鳥さんの邪魔をしないように、裏庭に退避させました。
枯れ草の上でお昼寝は気持ちいいネ。
しかし見事な保護色ですねぇ。「猫踏んじゃった」になりそうだ(汗)
そろそろお誕生日。野良ちゃんだったので正確な誕生日はわかりませんが、15歳になります。
ヤマガラの巣立ちのお祝いの影にかすんでしまいました(笑)
お誕生日月間ということで、お祝いはまだしばらく続きますよ。
昨夜は美味しいメカジキを食べました。
お散歩、喜んで調子づいて可愛い声を出しながら走り出して、家の周りを2周して絶好調でした。
一緒に走る飼い主のほうがキツい(笑)
でも用心深くて、家の敷地から外には出ないし、ちょっとだけ出てもすぐに帰ります。
不思議なんですよね。土地の境界線がちゃんとわかってる!!

裏庭にも巣箱があってシジュウカラが子育てしています。
次回はそちらの巣立ちも見られるといいな。
しかし、昨日モズが巣箱を覗きに来ました。親鳥は最大限の威嚇鳴き!
モズは小鳥を食べるので危険!!クチバシが下に曲がっていて、小さい鷹みたいなもんですからねぇ。
もう雛が食われてしまったかも。昨日は親鳥が餌を持たずに来て、中を覗いてすぐに去って行ってしまいました。
今日はどうなるか?心配事はつきません。

クサボケの花が綺麗です。
レンゲツツジも咲き始めました。これは次回のお楽しみ。
またまたお花見シーズンです。
美味しい物の話もたくさんありますが、それも次回に。

 

カテゴリ[ ]   コメント[16 ]   トラックバック[0]