21/09/10 05:30

夏水仙

廃墟になった別荘の庭に毎年咲きます。
昔植えられた物でしょう。
長雨のせいか花が傷んでしまっています。
彼岸花に似た種類で春先に葉っぱが茂り、その後枯れてしまい、この季節になるとスルスルと花芽が伸びて咲きます。
元々は日本の花ではなく中国から持ち込まれた外来種だそうです。

早咲き種のリンドウ
自然のリンドウは晩秋の花で、色はもっとずっと濃いです。
これも植えられた園芸種でしょう。淡い色の花も良いですね。
この日は暗い曇りだったので花が閉じていますが、明るい晴天になると花が開きます。
開いたり閉じたりを繰り返して長期間咲き続けるのがリンドウの良いところです。

 

キュウリほど旨い物はないと思います。
朝取りキュウリをシソの実と一緒に浅漬けにしました。
炊きたてご飯には最高です。美味しい物を食べるのは一番の幸福です。

苗は1本だけなので少し足りないくらいですが、ちょうど良いです。多すぎるとウンザリですからね。
今月中は収穫できると思います。暖地なら10月末まで採れるでしょう。
今一番食べたいのは冷やし中華です。キュウリ・ワカメ・卵焼き・紅生姜・・・辛子をピリッときかせて、いいですねぇ。
前は丸い輪切りにしていましたが、まな板の上でコロコロ転がって床に落ちてしまうので、今回は縦半分にしてから切りました。
このほうが味が早くしみて良いですが、食感は丸い輪切りのほうが良いです。
コロコロ転がって床に落ちると喜ぶのは、NEccoSunさんちのぽんちゃんですね(笑)

マルちゃんの新製品です。5コで298円。
よく見たら沖縄限定? 皆さんも見つけたら買ってみてください。
これは旨い!ダシがよくきいているし麺も旨い。
カップうどん”赤いきつね”に似ています。
今度見つけたら、まとめ買いして来ないと!(笑)

「そば」というけど細いうどんです。名古屋のきしめんに似ています。
沖縄そばというと豚の角煮が入っていると思いがちですが、肉なしのもあって、とてもあっさりしています。
長野にはとても美味しい本格沖縄料理のお店があります。店主はもちろん沖縄の人です。
コロナ禍で売上が減って大変だと思いますが、頑張って欲しいです。
スープは純和風でうどんとほとんど同じですが、ダシの味が若干違います。昆布を使っているのかな。
沖縄では昆布の消費量が日本一だとか。昆布は北海道でとれるのに不思議ですね。

 

雨降りでなかなかお散歩ができません。
やっと見つけた晴れ間にちょっとだけお散歩をしました。
お尻尾が立って超ゴキゲンです。

赤トンボが出て来ました。東京でも赤トンボを見たという話がありました。
遠くまで移動するのでしょうか。
赤トンボの生態はまだよくわからないのだそうです。

素晴らしいお客さまがみえました。
モリアオガエルの親分です。大きいのでメスでしょう。
親ガエルを見るのは10年ぶりぐらいです。産卵期以外は隠れていて姿を見せません。樹上生活なんです。
最大級!アマガエルの5−6倍の大きさです。トノサマガエルの最大級と同じぐらい。
蛙が苦手な人は見つけた瞬間凍りついてしまうでしょう。
気味が悪いです。画像のサイズは小さくしました。
ここは上に屋根があるので雨宿り?
蛙の雨宿りって・・・?(笑)
日が当たらないのでお昼寝には良いのでしょう。
ニコニコしているように見えますが、目を開けたままでお昼寝? 器用ですね。目が乾かないのでしょうか。
夜になると出かけて行くのだと思います。蛙が活動するのは雨の夜なんです。
10年ぐらい前の雨の夜に車で轢きそうになって、助けて家に連れ帰った蛙によく似ています。
そんなに長生きするとは思えませんが、とにかく愛おしい。ここを居場所に決めて安心しているのかな。近寄っても逃げないんです。
単に昼寝しているだけかも。動かないほうが発見されにくくて安全ですしね。蛇には気をつけてほしい。
「可愛いね。お利口だね。」トラちゃんと同じ言葉をかけましたが無反応でした(笑)
夜になったらやっぱりいなくなっていました。

小鳥にリスに、そして蛙。森のお友達が増えて嬉しいです。先日はカケスの10羽ぐらいの群れが来ました。雛がたくさん育ったのかな。カケスの群れは初めて見ました。

 

15年前にこれはお店でした。高原の癒やしの空間という「別荘カフェ」
しかし廃業してしまい長いこと空き家でしたが、先日から小さなお子さんがいる若夫婦が住んでいます。
個人が買うとは驚きました。
4階建てで、部屋数はたぶん15ぐらいあると思います。夢のような空間ですね!女中さんを雇わないと維持できないと思います。

こちらは新築中。高原の別荘地は今大人気です。コロナ禍で危険な密を避けて移住して来られるのでしょう。
生活が困窮している人々がいるのに、お金はある所にはあるのですね。首都圏で家を買うより安いですが。

しかし自然の厳しさには勝てません。この冬を乗り切れるのかな?
雪に閉ざされて家から出られず、1ヵ月じっと家にこもって耐える精神力があるかな?
水は凍って出なくなるし、排水口も凍って使えなくなります。
今までの例を見ても冬の厳しさに耐えられず、せっかく買った家から2年ぐらいで逃げ出した人が大半でした。
サハリンとかシベリアに移住するぐらいの覚悟をもって来ないとねぇ(苦笑)

カテゴリ[ ]   コメント[12 ]   トラックバック[0]