21/09/24 01:01

晴耕雨読

良い言葉ですね。昔から憧れていましたが、何十年もかかってようやく実現できました。
「忙しいのは良い事だ」という人がいますが、私はそうは思いません。猫のようにノンビリしたいです。

自給自足は目標ですが、不可能に近いです。
自給自足できれば他人に束縛されず自由になれます。
頑張れば50%ぐらいまでは自給できるかもしれません。
ここは大変痩せた土地なので農作物はまったく期待できませんが、土壌改良と肥料で少しずつ良くなってきました。
赤カブ、白カブ、大根、ネギ、チンゲンサイ、山東菜など作っています。
キュウリも小さいのがまたできてきました。

キャベツもできてきました。右は長芋。

栗拾いをしました。山の栗は小さいけれど味が濃くて美味しい。

ぶどうの葉っぱが真っ赤です。

ヤマボウシが鈴なり。甘くて食べられますが、あまり美味しくない。
鳥も食べません。観賞用ですね。

ナギナタコウジュ。面白い形をしています。

 

マツモムシです。すごく珍しいです。

子供の頃はたくさんいたんですけどね。
水生昆虫の類は激減です。田んぼの農薬のせいかな。
これは小学生の頃の図鑑です。昔の図鑑は絵の質が良い。
タガメは一度も見たことがありませんが、他のはいました。コミズムシ(右下)は可愛かったです。

トラちゃんは優秀な番犬(番にゃん)です。
この目で見つめられると凍りついてしまって、怪しい者は侵入できません(笑)

読書の秋。
義父が残した歴史の本、捨てなくて良かったです。
高校時代は歴史が大の苦手でしたが、教科書と違ってこの本は面白い。
国民の歴史(文英堂 昭和44年)
著者の主観で書いていて、歴史上の人物が身近に感じられます。
昭和初期から読み始め、昔にさかのぼって今明治維新の所を読んでいます。
なぜ無謀な戦争をしたんだろう?日本人の心って何だろう?これがテーマです。
歴史には真実はないと思います。
仮にタイムマシンでその時代に行っても全体像は見えないし、人によって解釈は違います。
だから自分の主観で良いと思うんです。何を思っても自由です。
歴史を知ることによって、今の世の中が理解でき近未来が予測できます。
この本に書いてある事も丸ごと信じるつもりはありません。常に疑いを持って読んでいます。
江戸時代から昭和に至るまでのロシアとの関係が興味深いです。ペリーの黒船の件より重要かもしれません。
隣の国ですが不幸なことに、ほとんど戦争また戦争の歴史でした。これは意外と知られていません。
次回はそれについて書いてみようかと思っています。
大正時代の米騒動の原因もロシアとの戦争です。

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[12 ]   トラックバック[0]