21/09/03 06:21

秋の七草

ススキ ナデシコ 桔梗  
萩 葛 オミナエシ フジバカマ
これで七草。
最初の3つはすでにご紹介しました。
今回は後半を。フジバカマは似たような花はありますが、よくわかりません。

マツムシソウとヤナギランはオマケ。今は美しい花がいっぱい咲いています。ピンクの夏水仙も咲いていますが、まだ撮影していません。

秋が加速度的に進んで物悲しい季節になりますね。コロナの問題も拍車をかけます。
一昨日は月1回の食料の買い出しに行って来ました。今回からマスクは二重にしました。息苦しくはなく、なんとか使えます。

 

急に寒くなってしまいました。ストーブを掃除して灯油を買って来ないといけません。
先日よく晴れた日に分厚い羽毛布団を干してトラちゃんに進呈。
小さな体にこんな大きな布団は必要ないと思うんですが、図々しくいつも占有します。
お手手をX(バツ!)にしてお寝んね。このポーズは他の猫ちゃんにもたまに見られますが、何の合図なんでしょうね?
「XダメよダメダメX つらいのよ・・」森進一 泣いてすがった年上の女(爆)さてトラちゃんの恋は?

 

さて、キノコです(*^o^*)/
雨が多いのでドンドン出始めました。
タマゴタケを大収穫!!
ここ2年収穫がなかったので久々です。
洗って綺麗にしたところです。虫食いもなくとても綺麗。

油で揚げて冷凍保存し、お正月の料理にも使います。
少しずつ味わって食べます。
使用済みの油はキノコの旨味が溶けているので、茄子を揚げると美味しくなります。
火を通すと茶色っぽい色に変わります。
バターやチーズとフランスパン、ポタージュスープなど洋風料理に合いますが、醤油を垂らして食べても美味しい。
最初に油で揚げるのがコツです。和風天ぷらもいけます。 
椎茸や松茸のような和風のキノコと違って、味と香りは弱くクセがなく淡白です。
早い話、味がない(笑)かすかに鯛のような味が・・・サクサクとした食感は素晴らしいです。

これはタマゴタケの親戚? 同じ場所に生えていました。
色が違うだけで形は同じです。一列に生長順に並んでいるのが面白い。
これが食べられるキノコなら大したものですが。
図鑑を何冊も調べても名前がわかりません。たぶん猛毒だと思います。
テングタケ、タマゴテングタケ、ドクツルタケの極悪一味でしょう。つまり悪の枢軸だ(笑)
※見分けるコツは根本にツボがあるかどうか。ツボがあるキノコは猛毒です。
タマゴタケだけが例外。赤いからすぐわかりますね。
赤いキノコでも裏が白いのはベニテングタケで毒。タマゴタケは黄色いので簡単に区別できます。
しかし傘の表面が赤でなく黄なのは猛毒!
真っ赤なキノコなら比較的安全なのですよ。真っ赤なドクベニタケも実際には毒ではありません。しかし猛烈に苦くてまずいです。食べる価値はありません。

巨大キノコ。こうなるともう食べられませんが、最高に美味しいヤマドリタケの仲間です。3日早く見つければ・・・
地元の人々は巨大で色が悪くて無気味なのでスルーします。ドイツでは最高ランクだそうですが、日本ではあまり認識されていません。
汁物はダメですがバター炒めが最高に美味しいんです。

オタマジャクシは全部巣立って行きました。
今年は最高の成績でした。森の中に家族がいっぱい増えた気分です。
1匹だけ葉っぱの上にいるのを見つけました。
メチャクチャ可愛いです(*^_^*)
わずか数日ですが1回り大きくなっています。何を食べているのだろう?

カテゴリ[ ]   コメント[14 ]   トラックバック[0]