22/01/14 05:49

冬の鍋物特集

成人の日。蝶ネクタイを付けた10年前の成人式の写真です。
さすがに威厳のある大人の表情をしていますね(笑)
今は20歳+10=30歳? いえいえ16歳です。猫は6歳でも立派な大人だし、猫の時間は逆向きに流れる?
今ミヒャエル・エンデの「モモ」を読んでいます。時間が逆に流れる世界がありました。もう何度も読み返していますが、そのたび新しい発見があって面白いです。
急ぐほど遅くなってしまう世界も。せっかちで失敗が多い私には良い教訓になります。
「灰色の男たち」はタバコが大好きで、タバコがなくなると死んでしまうのでした(笑)

 

七草粥を真似たお雑煮です。
雪の下から掘って来た「すずしろ」を使って、他はゴボウとか人参とか野菜なんでもいろいろ。正式な七草にはこだわりません。
腹の底から温まりました。これを食べると1年間風邪をひかないとか。
pilさんのブログを見てナメコが食べたいなと思っていたら、冷凍のヌメリスギタケがありました。
これはナメコとほとんど同じ味です。去年はキノコが豊作でした。冷凍庫の中はキノコがいっぱい!
右は釜めし容器で作ったラーメン。麺は下に隠れています。
ワカメとネギをたっぷり。ごま油をちょっと入れると美味しい。
メンマは自家製です。市販品は添加物が多いので、水煮メンマを買って一度煮こぼして洗ってから味付けしました。

大根煮物
大きな大根をいただいたので、全部煮て大きな袋に詰めて冷凍保存しておきました。
根昆布と一緒に煮て、そこに身欠きにしんを入れました。
身欠きにしんは優れものです。冷凍保存できるし良いダシが出るし、とろける美味しさです。骨も軟かい。
面倒なので切らずに入れてしまいました。これ1尾111円でした。
本来はこぶ巻きの芯に使う物です。こぶ巻きは母から受け継いだ私の得意料理でしたが、面倒なので今は作りません。
昆布でニシンを包んでかんぴょうで縛るんです。

翌日は竹輪とこんにゃくを入れておでんにしました。

12月20日以来買い物に行っていませんが、保存食がまだたくさんあります。
きんぴらゴボウを大量に作って冷凍してあります。少しずつ取り出して味噌汁や煮物にも入れています。
人参も同じように油で炒めて冷凍保存しています。
人参はそのままでも1ヵ月は保存できるし、ピーマンも2週間はそのままで大丈夫。
人参やごぼうを入れると和風スープが美味しくなるんですよね。
私はピーマンが大好きで、ピザトースト、ナポリタン、ポタージュスープ、カレーにも。

猫が乗ってるのは根昆布。「猫んぶ」だよ(=^・^=) 肉厚で美味しいよ。
この松前漬も優れた保存食です。食べたいときにすぐに簡単に作れて、とても美味しい。
はったい粉 こうや豆腐 どちらも関西名ですが、こちらでは「こうせん」「しみどうふ」です。
味がしみるから「しみどうふ」なのかと思っていましたが「凍み豆腐」でした。
昔は軒先に豆腐を藁で縛って吊るして凍らせて乾燥させて作りましたが(フリーズドライ)そういうのはカビ臭くて美味しくなかった。
藁で縛った物、今でもたまに道の駅などで売られています。
今は工場で作るので綺麗ですが、昔のような渋い味わいはありません。
干し椎茸と一緒に煮込むと美味しい。それを卵とじにすればさらに美味しい。
こうせんの美味しい食べ方。
砂糖と混ぜて粉のまま食べるのが一番美味しいけど、気道に入ってむせるので、お湯で溶いて飲みます。緑茶で溶くとさらに美味しい。きな粉と混ぜると美味しいです。
コーヒーや紅茶で溶いても美味しいと思います。
甘酒やおしること混ぜても美味しい。雑穀類なので健康食です。
小麦粉と混ぜて和風ホットケーキを焼いても美味しいでしょうね。
あべかわ餅のようにして食べても美味しい。

黒砂糖は健康に良いですが、味にクセがあるので私は白砂糖と混ぜて使っています。
ちなみに三温糖には黒砂糖の成分は入っていません。あの色はカラメルです。

ドライキクラゲ。黒キクラゲは中医では体を温める作用があるとされます。キムチ鍋、ラーメン等に。

酒粕は利用価値が広いです。
水と砂糖を入れて3分間加熱すると即席甘酒ができます。
味噌汁に混ぜると美味しくて体が温まります。
オーブントースターでこんがり焼いて食べるのも美味しい。そのときに味噌と砂糖を塗ってから焼くと美味しい。
マヨネーズを塗って焼くのも美味しい。味噌+マヨも美味しい。
しかし食べすぎると酔ってしまいます。

こうしてみると美味しい物って無限にありますね!
皆さん、豊かな食生活を満喫しましょう!!

 

普通なら雪が頑固にこびりついているのに、このところ猛烈に寒いのでパウダースノーで、サラリと落ちました。
普通は竹ボウキを使いますが、座敷ボウキならキズがつかないし雪を払うと洗車したようにピカピカになって一石二鳥です。
良い道具を有効活用です。でも頑固な雪には力不足です。
ちなみに、うちのホウキは30年以上たっても立派に実用できています。

水が不足してきたので雪をバケツに入れて融かしています。
ポリバケツは熱に弱いので、高価でしたが金属製を買いました。
良い道具は一生ものです。愛着が湧きます。
雪は真っ白なので綺麗に見えますが、融かして水にすると黒いススのようなゴミがいっぱいです!
飲用にはできません。裏ごし器で濾して洗い用に使っています。それでもまだ濁っています。

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[8 ]   トラックバック[0] 

22/01/07 00:25

寅年、トラ年、トラトラトラ

もう正月7日になってしまいましたが、皆様、本年もどうぞよろしく!
座右の銘は「怠慢」のトラキチ家にもようやく新年が来ました。

子煩悩だったトラちゃんのお父さん、トラネコパパさんです。16年前の写真です。

すごい顔ですね(@_@;)本物の虎より怖い。
見かけによらず温和な性格で、フライドチキンをあげたら喜んで食べました。
2022年、今年はにゃんにゃんにゃんの年だぞ! 2月22日はさらにニャンとも素晴らしい!!

トラトラトラ、戦争はいけません。トラちゃんも平和主義です。
昨年暮れに、父が好きだった軍歌「月月火水木金金」を聴きたくなって、youtubeで聴いたら悪酔いしてしまいました。
それで正月三ヶ日酒を飲む気になりませんでした。
今でも頭の中で鳴り響いています(汗)

 

今年は全国的に厳しい冬ですね。
窓に咲いた霜の花です。−15℃以下になるとできます。
うちは防寒のため二重窓になっています。それでこういう美しい紋様ができます。

6日夕方のニュースでオミクロン株の猛威に驚いてしまいました。大変な事ですね!
もう街には行きたくない。人にさえ会わなければ感染しないはずです。
私は12月20日にスーパーで買い物をしたのが最後です。
その後1月3日に灯油が終わりそうだったので行って来ましたが、セルフのGSだったので人との接触はありませんでした。
このとき街は大賑わいで、あまりの混雑に驚き、コロナ蔓延が心配になりました。
それで予定を変更してスーパーには寄らずに帰って来ました。
今になって振り返れば、あのときに帰省客が感染を広げていたのでしょう。
このところ感染者が限りなく0に近かったので「今のうちに」という思いで親戚が集まったのでしょうけど。
本当に油断大敵ですね!!
重症化リスクが低いというのが救いですが、自分だけは絶対大丈夫という保証はありません。
皆さんも気をつけてくださいね。

 

お雑煮です。
鶏ガラ・大根・人参・筍・山のキノコ(ムキタケ)
醤油味です。紅白のカマボコは嬉しい気分になるので大好きです。
真ん中の緑色は春の山菜コシアブラです。
油で揚げて冷凍保存しておきました。タラノメそっくりの味です。これの風味を生かすためにネギは入れませんでした。
餅は焦げ目が付くぐらいに焼きたいものですが、膨らんでとけ落ちてしまうので加減が難しい。

沖縄そばにも餅を。
1個だけ残しておいた”虎の子”の沖縄そばです。限定品だったので、もう売ってません。
こちらはネギたっぷり。山のキノコと油揚げ、昆布。これは美味しい肉厚の根昆布です。
沖縄は昆布の消費量日本一だそうです。北海道からわざわざ取り寄せて食べるんですね。旨味にこだわる県民性なのでしょう。
豚肉が入った沖縄そばではなく、あっさり和風が良いと思います。
台湾が近いから中華風かと思いきや、味付けは純和風なんです。
長野に沖縄そばの専門店があって、そこで食べて認識を新たにしました。

一年の計は元旦にあり!
この意味を調べてみたら計は計画の計なんだそうで「一年の計画を立てよ」ということでした。
今までの私の解釈では「元旦におねしょをすれば一年じゅう毎日おねしょ」という事かと。母にそう教わったんです(笑)

元日には工作をしました。(しかし本当は元日に仕事をしてはいけない)
この天体望遠鏡は高校生の頃に自作して以来、何度も作り変えて改良し、ようやく実用的な物になりました。
10年前に壊れてしまって、それを去年修理して復活させました。それをさらに改良工作です。
この反射鏡は日本一と言われる名工の作です。縁あって格安で作っていただきました。一生の宝物です。
これを使うと幸福な気分になります。彗星観測をしてノートに記録しています。
充実した正月でした。詳しくはまた次回に。

今年の目標は道具を大切にして上手に使いこなすこと。
道具に凝るけど使いこなせない人が多い。私もそうでした。
ハサミ・包丁・鍋・ほうきから始まって、車整備用工具・カメラ・パソコンまで。
道具を使うからこそ人間なのです。素手では何もできません。
しかし道具を使いこなすのは大変難しい。知恵も必要です。これは今年の目標というよりも一生の課題ですね。
まだ使える物を捨ててはいけない。新しい物は買わない。壊れたら修理して使う。物を大切に、資源・環境を守りたいと思います。

水の入ったポリタンクがもう1個。これも芯までカチカチ。
しかし口が密閉されていなかったせいか、変形しませんでした。
この前の水タンクは、1週間毎日熱湯を注いでも中にまだ大きな氷の塊が残っています。
雪は大量にありますが、水が足りません。
燃料の灯油は湯水のごとく終わって行きます。電気ストーブや電気ポットもフル稼働です。

元旦は”超真冬日” これは正式な用語ではありませんが、

普通より10℃低く、昼の最高気温が−10℃でした。
そして翌朝には一番近い観測点で−16℃でした。ここは標高が500m高いので5℃低いとして−21℃!暖房完備の室内で寝ていたのでわかりませんでしたが、台所の床の雑巾や風呂場の水が凍っていて、午後になっても融けませんでした。
外に出ると危険! 耳や鼻や手足の指が凍傷になってしまいます。室内でストーブに抱きついているのが一番。

幸い雪の量は大したことないです。寒いときは雪が少ない。
この1週間、嵐が何度か来ましたが5日になってやっと太陽が出たので、外に出て雪を掘って玄関から車までの通路を作りました。
翌日にはトラちゃんのお立ち台(天体観測台)も除雪。体力がないので少しずつやりたいと思います。

昨日は東京にも雪が積もったそうですね。
こちらは快晴で暖かく、外に出ていろいろやりました。
関東とはお天気は正反対です。
驚いたことに野生動物が穴を掘って水を飲んだ跡が!
ここに池があるのを覚えていたんですね。
雪を食べれば良いと思うんですが。
魚が食べたかったのかな? この池に魚はいないよ。変な虫ならいるけどネ。

七草粥を作ろうと思って雪を掘って大根(すずしろ)を収穫しました。
脚立を使って下へ下ります。腰まで雪に埋まって歩けません。
これでも雪は少ないほう。普通この2倍は降ります。
場所がわからず、やっと掘り当てました。青々として新鮮で雪の下は春でした!

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[14 ]   トラックバック[0] 

21/12/31 08:39

ゆく年来る年

大晦日ですね。皆さんこの一年どんな年でしたか?
車屋からもらったカレンダーです。
毎月有り難い格言が書かれています(汗)
冬の滝に打たれて修行しろってか!?(これは私が撮った近所の滝です)

このお方も真剣なまなざしで日々修行に励んでいます。
何を見つめているのかな?この集中力は見習う価値あり(??)
座右の銘は「怠慢」だそうで、お布団の中でとろけています(笑)

 

今年は私にとって新生活がスタートした年でした。
昔、野口五郎が売れなくなった頃に「野口老後」
と言って眉毛まで白髪にして、浦島太郎のような顔で保険のCMに出ていましたよね(爆)
若い頃の野口五郎は青いリンゴのような顔をしていますね(笑)
青いリンゴはヒット曲でした。
老後なんていう言葉はイヤなので、親元離れて大学へ行ったときと同じように「新生活のスタート」と思っています。

去年は喪中だったので「おめでとう」と言えず、
面倒な遺産相続の手続きも無事完了し、初めて自分の家と土地を持つことができました。これで枕を高くして眠れます。
税金も支払ってスッキリしました。
車も買い換えたし5年ぶりの免許更新もできました。パソコンも新しくなりました。1年たってやっと慣れてきました。

そして面倒だった年金の手続き。年金制度は複雑でとてもわかりにくい。
転職が多くて年金の積み立てが少なかったので、まったく期待していませんでしたが、額は少ないですが定期的にお金が振り込まれるのは助かります。
ガソリン代と灯油代ぐらいにはなります。
昔は営業の仕事をやっていたので、たったこれだけのお金でも稼ぐのがどんなに大変だったか思い出します。
これでやっと今後の生活設計ができるようになりました。
65歳になると別の年金も入るので、ますます安心です。

しかし不安なのは将来の健康問題。
元々の健康問題もありますが、コロナ禍で命の大切さを一層真剣に考えるようになりました。精神的問題も大きいです。自殺が増えていますね。
終息なんて当分望めないでしょう。普通の風邪と同じ扱いになったにしても、感染した場合の命の危険は大きいです。運を天にまかせるしかありません。

大晦日は親世代は「お年取り」と言っていました。
私たち世代にはピンときませんが、昔は大晦日に日本じゅうの人がいっせいに年をとったのだそうです。
つまり誕生日が皆一緒ということになりますね。
調べてみたらそんなに昔の話ではなく、1950年からでした。
子供の頃は大晦日は盛大に祝ったものでした。長野では年越し蕎麦は省略。1日早くからおせち料理を食べます。
年で一番のご馳走が食べられる日なので、一番の楽しみでした。残りを重箱に入れて正月三ヶ日食べ続けます。

先日クリスマスのご馳走はこれでした(笑)
味噌汁定食^^¥
千昌夫の「味噌汁の唄」が流れてきそう。
日本人にはこれが最高です。
クリスマスには一番美味しい物を食べる。お値段は関係ありません。
この納豆は全国納豆鑑評会で金賞を受賞した、つまり日本一美味しい納豆です。
梅干しと納豆の相性は抜群。とても幸福な気分になります。
どんな高くても買って食べると思います。
味噌汁は油揚げと大根と蕪とキノコ。加熱しすぎて葉っぱの色が悪くなってしまったのは失敗でした。
蕪ほど美味しい野菜はないと思います。
キノコは天然物シモフリシメジです。これは本当は上品なお吸い物用で、味噌汁にはもったいないですが、特別に奢りました。
これは昼食。夕食は美味しいパンとポタージュスープでした。全粒粉のパンと、ライ麦のパンにチーズを載せてこんがり焼きました。

食後には最高に美味しい緑茶を飲みました。いろいろ買ってみたけど、この鹿児島産が一番美味しい。
紫芋チップスも美味しいヨ。これは尾道市の田村食品です。

ストーブの上で作るキムチチャーハン。
これは一番美味しい物です。料理番組で覚えました。
キムチはごま油で炒めます。これが美味しさの秘訣。
ごま油にはビタミンEがあるので健康的です。
卵は最初に炒めます。
味付けはキムチだけでは足りないので、ラーメンの粉末スープを少量入れて味を整えます。
水分が飛んでパラパラになるまで炒めます。
紅生姜を添えるとさらに美味しい。
シーフードミックスを入れるのを忘れました。後の祭りです。

厳しい冷え込みで水を入れたポリタンクが芯までカチカチに凍り、破裂はしなかったもののパンパンに膨張して底が丸くなってしまいました。
気長に融かして使います。暖かい室内で3日かかっても融けません。氷は頑固です。

次回の更新は正月の7日になります。
お正月のご挨拶もノンビリやりたいと思います。
来る新年も皆様、よろしくお願いします。

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[14 ]   トラックバック[0] 

21/12/03 00:21

厄介な手続きが終了

コロナは収束に向かうかと思いきや、オミクロン株の脅威が!
子供の頃21世紀は明るい未来かと思っていましたが、暗い世の中ですねぇ。
発想を転換して「暗い世の中でも楽しく生きる方法」を考えましょう。
今までと違った楽しみを見つければ良いのです。
旅行や外食をしなくても家で楽しめる事はたくさんあります。

オミクロン星というのがあるんですよ。
無気味な赤い色をしていて不吉な印象です。
くじら座ですから今南の空に見えます。これは普通のくじらではなく神話の化け物くじらです。
この写真は西の空に沈むところで、肉眼で見たのと同じような感じに写っています。
別名ミラ。約1年周期で明るさが100倍以上も変わります。
この写真では明るく写っていますが、今はもう暗くなっていて肉眼ではほとんどわかりません。

子供の頃買ってもらった図鑑です。
ミラは太陽の何百倍もの大きさです。太陽は地球の100倍以上あるので、いかに巨大な星かわかるでしょう。
この巨大な星は不安定なので膨張収縮を繰り返して大きさが変わり、それで明るさも変わります。
そのうち爆発して消え去ってしまいます。星の終末期の姿なのです。

※星の名前は星座ごとに明るいほうからα,β・・・でOがオミクロン。
ギリシャのアルファベットですが、読みが違うだけで英語やドイツ語とよく似ています。
コロナ変異株、24文字使い切ってしまったら次はどんな名前になるんでしょうね?
次から次へと無限に出て来るんでしょうか?
世界中に感染者数が多いからこうなるわけで、
ウィルスは体内で増殖し変異するので、感染者数を減らせば変異の確率も下がるはず。

上の画像を北アルプスのパノラマに入れ換えました。
この場所まで家から約5kmですが雪はほとんどありません。この前ここまで歩いてみました。
家の場所はこの地区で一番悪条件なのがわかります。
往復で結構な遠足になりました。街まで歩いて行くのは無理だと思いました。
街までは片道20km以上あります。しかも急傾斜です。

ここから車で20分ほど走ると街はもうすぐ。道端にはタンポポと菜の花が!まるで別世界です。
もう春ですか?新春と言いますからね、お正月はもうすぐです。

運転免許の更新に行って来ました。(写真を撮り忘れたので5年前の写真です)
向う5年有効なのでひと安心です。5年後の自分なんて想像できません。年はとりたくないものですね。
もうすぐ来る誕生日も嬉しくありません。しかし自然に逆らっても疲れるので現実は受け入れなければ。

コロナ禍で人の多い所は行きたくないので、免許の更新は前から一番の悩みの種でした。
幸いこのところ県内の感染者数は0が続いていたので運が良かったというものです。
今回は写真が割と良く撮れて気に入りました。今までは指名手配の写真のようなひどい顔でした。
全員マスクをしていたし、隣の人との距離をとる、窓を開けて換気をするなど感染対策がされていましたが、十分とはいえませんでした。
しかし一番ご苦労なのは毎日ここで働く職員の方々です。

こういった手続きは厄介で面倒で嫌ですね。
先日は2年に1回の車検もありました。12月が車検なのは困った事です。雪が積もったら危険ですからね。
1ヵ月前から可能なので急いで行って来ました。
その2日後には雪が積もったので危ないところギリギリセーフでした。借りた代車は夏タイヤでした(大汗)
夏タイヤで雪道は1kmたりとも走れません。実際に経験がありますが、歩いたほうが早い。事故でも起こしたら取り返しがつきません。
慣れない車で雪道を走るのは絶対に嫌です。

運転免許と車は、ここで生きていくには一番大切な物です。
車は大好きですが、危険なのでなるべく乗らないようにします。
厄介なのが両方片付いたので、やっと肩の荷が下りてお正月を迎えられます。
クリスマスよりもお正月が好きです。もう早お雑煮を食べました。

去年の今頃も厄介な手続きがあって気苦労の連続でした。
母が他界したので遺産相続と税の申告と支払い。
コロナ禍なので対面一切なしで、親切な税理士さんのおかげでなんとか乗り切ることができました。
この世の中、厄介な手続きが多いですね。
この家も晴れて自分の名義になり、安心して今後の生活設計ができます。そう思ったらもうこんな年齢になってしまっていた。やっと自分の人生になったような。

 

雪が降って外で遊べないのでお布団遊びだニャ。
朝起きて光が眩しくて、まだ寝ぼけている顔。ちょっとウインクしているような。
起きてひと仕事(仕事?)したら布団にもぐり込んでまた寝ます。お尻尾が(笑)

大きなボウルに水をためて洗い用に利用していましたが、こんなふうに凍ってしまったのでは使い物にならないので、もうシーズン終了で片付けます。
ここでは冬の間は液体の水は存在しないのです。昼でも氷点下ですから。
水を作るにはストーブが頼りです。
下のはもう1個あったのをひっくり返したところです。

焼きそばを食べたくなったので、キャベツを雪から掘り出して食べました。
玉になっていないけど、美味しく食べられました。
他に蕪と大根を掘って食べました。新鮮でした。

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[10 ]   トラックバック[0] 

21/09/24 01:01

晴耕雨読

良い言葉ですね。昔から憧れていましたが、何十年もかかってようやく実現できました。
「忙しいのは良い事だ」という人がいますが、私はそうは思いません。猫のようにノンビリしたいです。

自給自足は目標ですが、不可能に近いです。
自給自足できれば他人に束縛されず自由になれます。
頑張れば50%ぐらいまでは自給できるかもしれません。
ここは大変痩せた土地なので農作物はまったく期待できませんが、土壌改良と肥料で少しずつ良くなってきました。
赤カブ、白カブ、大根、ネギ、チンゲンサイ、山東菜など作っています。
キュウリも小さいのがまたできてきました。

キャベツもできてきました。右は長芋。

栗拾いをしました。山の栗は小さいけれど味が濃くて美味しい。

ぶどうの葉っぱが真っ赤です。

ヤマボウシが鈴なり。甘くて食べられますが、あまり美味しくない。
鳥も食べません。観賞用ですね。

ナギナタコウジュ。面白い形をしています。

 

マツモムシです。すごく珍しいです。

子供の頃はたくさんいたんですけどね。
水生昆虫の類は激減です。田んぼの農薬のせいかな。
これは小学生の頃の図鑑です。昔の図鑑は絵の質が良い。
タガメは一度も見たことがありませんが、他のはいました。コミズムシ(右下)は可愛かったです。

トラちゃんは優秀な番犬(番にゃん)です。
この目で見つめられると凍りついてしまって、怪しい者は侵入できません(笑)

読書の秋。
義父が残した歴史の本、捨てなくて良かったです。
高校時代は歴史が大の苦手でしたが、教科書と違ってこの本は面白い。
国民の歴史(文英堂 昭和44年)
著者の主観で書いていて、歴史上の人物が身近に感じられます。
昭和初期から読み始め、昔にさかのぼって今明治維新の所を読んでいます。
なぜ無謀な戦争をしたんだろう?日本人の心って何だろう?これがテーマです。
歴史には真実はないと思います。
仮にタイムマシンでその時代に行っても全体像は見えないし、人によって解釈は違います。
だから自分の主観で良いと思うんです。何を思っても自由です。
歴史を知ることによって、今の世の中が理解でき近未来が予測できます。
この本に書いてある事も丸ごと信じるつもりはありません。常に疑いを持って読んでいます。
江戸時代から昭和に至るまでのロシアとの関係が興味深いです。ペリーの黒船の件より重要かもしれません。
隣の国ですが不幸なことに、ほとんど戦争また戦争の歴史でした。これは意外と知られていません。
次回はそれについて書いてみようかと思っています。
大正時代の米騒動の原因もロシアとの戦争です。

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[12 ]   トラックバック[0]