22/03/11 05:37

炭水化物の話

今日は3.11ですね。思うことが多すぎて、ここでは書けません。
毎年あの時刻には北東の方向を向いて黙祷します。涙が溢れてしまいます。
コロナ禍にウクライナ戦争で暗い気持ちのところ、さらにまた大雪に見舞われ、春という言葉さえ敬遠したくなってしまいます。

電気ストーブを台に固定して、左右に方向を変えられるようにしました。こうすれば安全です。
トラちゃんのお気に入りです。

前からインフレ傾向だったのに、ウクライナ戦争の影響でますます値上がりです。
まだ小麦製品は値上がりしていませんでしたが、今後上がることはあっても下がることはないでしょう。
長期保存できるものは買っておこうと思います。
1年後に危機は去るでしょうか?

山に住んでいるとまとめ買いは普通です。今回が特別というわけではありません。
軽自動車でもガソリン代が往復1000円近くかかりますからね。行く回数をできるだけ減らさないと。

このパスタ、イタリア製ですごく美味しいのに安いんです。1kg198円。
新顔のチャルメラまぜそば。まだ食べていませんが、とても楽しみ。これ299円(チキンラーメンは400円以上)
左側のラーメンは158円なので同じ袋麺でも2倍近く違うんですよ。この前もご紹介しましたが、この激安袋麺(麺のスナオシ)すごく美味しい。
今回は醤油味を買ってみました。

パンは名古屋の敷島パンとフジパン。見切り品で97円。高級品が値引きされたのを買います。安物を買ったらまずかった。
判官びいきというのか、私は1番の大手が嫌いで2番手3番手が好きなんですよ。小さい会社のほうが品質が良いような気がします。

この写真は小麦製品ばかりですが、米と小麦を半々に食べています。朝はパンではなくご飯です。
炭水化物ばかりじゃなくて、ちゃんとタンパク質や野菜も食べていますよ。
炭水化物を極端に避ける人がいますが、私は気にしません。
タンパク質中心だった頃はお腹の調子悪かったです。
糖質は人間の栄養というより腸内細菌の餌だと思っています。オリゴ糖が一番良いみたいですね。
糖分よりもデンプンのほうが吸収が遅いので健康には良いみたいです。
日本人には、昔から食べ慣れた米が一番合っているような気がします。
腸内細菌が増えて活発になると人間は健康になるはず。
米中心の食生活にしてから私はお腹の調子が劇的に良くなりました。
しかし食物繊維は小麦のほうが多いそうです。

いくら食べても太らないのは栄養を腸内細菌に食われているのかも(笑)
体質の差っていうのは腸内細菌の違いらしいですよ。腸内細菌は親から子に受け継がれ家系によって違うのだそうです。
西洋人と日本人ではずいぶん違うはず。
ヨーグルトなどで外部から補給してもあまり関係ないらしい。ただ発酵食品が健康に良いのは事実でしょうね。

乳製品の話が出たついでに、牛乳でお腹ゴロゴロの問題は乳糖が犯人です。この糖は日本人の体質に合わない。
飲み慣れると良いと言われ10年以上続けてみましたが、少しは良くなったけど、お腹の調子はいつもイマイチでした。
カルシウムが豊富なのに消化吸収できないみたいで、歯が弱くなってしまったり。
牛乳をやめたら劇的に良くなりました。ヨーグルトならあまり問題ないです。
西洋人や牛乳が主食のアフリカの民族のように、乳製品に親しんだ歴史が長いと良いのでしょうけど、日本人の場合にはまだ馴染まないようです。個人差はあるでしょうけど。
親子2代3代ぐらいでは腸内細菌は変わらないのでしょうね。腸内細菌の研究はとても興味深いです。今後ますます発展することでしょう。

適度に焦げ目がついて餅が最高にうまく焼けました。
これは偶然です。融け落ちてしまうことが多い。
この前おしるこを作ったとき、どうしても焦げ目がつかずこの写真はまずそうだったので一旦没にしました。
味はとても良かったんですけどね。お正月でなくてもおしるこは良いです。

電線のほうに伸びていた桜の枝を切りました。
普通桜は切ってはいけないらしいですが、これは山桜なので大丈夫。
スッキリしました。
他にも邪魔な木の枝をいろいろ切りました。雪が高くまで積もっているのでハシゴなしでも切ることができました。
雪は今は固く締まっているので上を歩くことができます。

雪が早く融けるように灰を撒きました。
ストーブから出た灰はこのように利用します。畑の土に染み込むと酸性土壌を中和したりカリウムなどミネラル補給になります。
これは昔からの農家の生活の知恵です。

その後また雪が大量に降り、今が最大の積雪です。
玄関を出ると威圧的な雪の山! 屋根まで届きそうです。
もう春は来ない? 
こんな所に住むのは嫌なので本当は引っ越したいんですが、トラちゃんがいるので難しい。
お金がかかるし、アパートは保証人がいないと借りられない。それに若い人、学生さんは歓迎だけど、中高年は敬遠されます。70歳以上は門前払いだとか。

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[6 ]   トラックバック[0] 

22/03/04 00:55

愚かな戦争

春が近いので明るい話題を、と思うんですが・・・
節分草を見に行きたいし、お花見の計画も。
しかし嫌なニュースばかり。コロナもまだまだ大変なのに。

ウクライナの事で毎日暗い気分です。
嫌なニュースに影響され暗い気持ちになって無気力なってしまうのを「共感疲労」と言うんだそうです。
対策は「テレビやネット動画を見ない」「今自分がやるべき事に集中する」そういうことだそうですが・・・

最初に思ったのは「島国日本とは違って西洋は過激だな、理解不能」
大陸的というのかな。日本の常識が通用しないんですね。
日本人は平和ボケ? いえ、そんなことはないと思いますけど。

シベリア抑留者とウクライナ女性との美しい物語があるので↓「続きを読む」をご覧ください。
なんでウクライナの娘さんたちが、シベリアの収容所に送られたのでしょう?

大陸の人々は、昔から戦争に明け暮れてきた厳しい経験があるからでしょうか、日本人の感覚とは違います。
ジンギスカンはほぼロシア全域を征服したんですよ。ウクライナもです。
中国や朝鮮半島などの人々も、日本の戦国時代のような状態が近代まで続いてきて過酷な経験をしています。

強い者だけが生き残る。生き残るためには強くなれ! 自然の脅威にも対抗せよ! 戦って勝つ!! 常に戦う姿勢なんです。
近所に住むアメリカ人と話したとき感じました。
しかし日本人である私は違和感。調和とか共存とは違う思想でした。

戦って勝って、それでいいことありますか?
考えが浅いんじゃないですか? 勝ったと思っているのは自分だけかも。
禅寺で座禅を組んで考えなさい!! そう言ってやりたくなります。

戦争では何も解決しないと思うんです。双方とも失うものばかりです。戦い続けて互いに共倒れになります。何十年たっても恨みは消えません。
戦争に勝ち負けはないと思います。双方とも敗者です。
インド独立のときのガンジーのように非暴力闘争が理想だと思いますが、しかし相手がロシアでは通用しそうもありません。

しかも今の戦争は大量破壊兵器。
戦争は最悪の環境破壊であると言われています。
汚染物質を撒き散らして、人命のみならず地球環境も破壊します。これは取り返しがつきません。
戦争が終わった後も、多くの人命が失われることになります。
地球には人間も動物も住めなくなってしまいます。昔の常識は通用しないんです。
温暖化防止、脱炭素の努力も水の泡。
公害防止、環境保護、市民が省エネやゴミの分別で地道に努力しても、全部水泡に帰してしまいます。

愚かですね。自分だけの都合、目先の利益しか考えていないんです。
こうしたごく一部の人の蛮行によって、何もかもが滅茶苦茶にされてしまいます。

1968年のチェコ事件によく似ています。しかし今のウクライナのほうがずっと過酷です。
当時私はまだ子供でしたが、父が残したこの本を読んで初めて何だったのかわかりました。

「チェコの勝利」と書かれていますが、多くの人命が失われたにもかかわらず、残念な結果に終わりました。
民主化勢力は骨抜きにされ、東西冷戦終結までロシアに支配されました。

ロシアの小麦輸出は1位、原油は3位です。
それが全部ストップしてしまいます。
物不足になり今後物価が大幅に上がるのは確かでしょうね。すでに灯油はひどく高価になっていました。
税金も上がると思います。昨日の首相の話はお金のかかる事ばかり。しかし必要な事なんだから、しかたがありません。
我々一般庶民は知恵を絞って備え、耐えるしかありません。
しかし「ウクライナの人々と共にある」と思えば耐えることができます!
(ウクライナ難民だけ特別扱いじゃないか?という意見がありますが、相手がロシアだという特殊事情があります。日本にとってロシアは昔から特別の意味をもつ国です)

 

さて、一転ここからはご気楽な話題です。
「いぶりがっこ」pilさんが興味を示していたので買ってきました。
これは日本の漬物の王者!? 大根を煙でいぶしてから漬け込みます。
これさえあれば、炊きたてご飯お茶碗5杯はイケます(爆)
その後は走ってカロリー消費しなければ(汗)
一粒300mのグリコ以上です^^¥
本当はドイツまでお送りしたいんですが。
秋田の業者がフランスで売り出したら好評だそうで、これには驚きました。
世界一のグルメと言われるフランス人は、燻製の味が好きなのだそうです。
pilさんはフランスへ行く機会が多いようなので、今度買ってみてください。
日本から送るよりそっちのほうが早いかも。ネットで調べればどこに売っているかわかります。

屋根の雪が落ちて庭に大きな山ができました。
童心に帰って山に登って遊んでいます(笑)
雪の量は今が最大。この雪が融けると、庭に水が溢れて足がズブズブ沈む泥沼のようになってしまいます。

去年ご紹介したユニークな家。
雪はどんな状態かな? 街へ行く途中で様子を見て来ました。
うちより雪は少ないです。たった5kmの距離なんですが山の気候はずいぶん違います。
見晴らしが良くて窓から富士山が見えるかもしれません。
空中ブランコなんてできそうだ(笑)
遊び心満載の家ですね。鉄骨なので見た目より強いと思います。
でも寒そうだ。床下から冷えてくると思う。
別荘ではなく、冬でも人が住んでいます。車は東北地方のナンバーでした。
津波で家を失って、ここに移住してきたのでしょうか。
もうすぐ3.11ですね。
3.11の次は各地で地震、水害、そしてコロナ、今度はウクライナ。危機が次々と襲ってきます。
生き残るのが大変な時代になってきました。知恵を絞らないと・・・
難しい問題なのでコメントは省略で結構です。
↓「続きを読む」も読んでいただけると嬉しいです。

» 続きを読む

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[4 ]   トラックバック[0] 

22/02/18 06:44

15年目の冬

スピードスケート高木選手の金メダル!!
嬉しくて涙してしまいました。
私は小平選手との金銀を期待していたのでしたが、小平選手が今でも世界トップクラスの実力であることは確かです。
今回はたまたま調整がうまく行かなかっただけでしょう。(実は怪我をしていた)
35歳になってもモチベーションを維持できる精神力は超人的と思います。
小平選手と高木選手は熾烈なライバル争いで、切磋琢磨してここまで来ました。
そしてついに世界の頂点!
小平選手にはお会いしたことがありませんが、彼女の先生にはお会いしたことがあります。
少し年下の同窓生、互いに同じ先生に教わったという縁で、その先生のご紹介で岡谷市の「やまびこスケートの森」でお会いしました。

その先生は、私が入学したとき大学院生で、兄貴分のような存在でした。
小平選手の先生は北海道出身で、夏は陸上の400mハードル、冬はスケートで、夏も冬も全国大会に出場されています。
ご専門はバイオメカニクス(運動力学)で、90年代にまだ黎明期だったコンピュータを駆使してスケート選手の立体画像を解析するプログラムを作成されました。当時世界初だったと思います。
こうして多くの人々の協力によって立派な選手が育ち、世界の頂点を極めたことは感動的です!!


ところで、皆さんも同じだと思いますが冬は元気が出ませんね。
暗い気持ちになって意欲が低下します。
オリンピックで感動して元気になっても一時的です。

ここで今こういう事を書けるのは元気になってきた証拠ですが、冬の入り口あたりは気分がひどく落ち込みます。
理科年表で調べてみたら、ここの気候は北海道の網走と同じでした。
しかも雪はこっちのほうが多い。
網走番外地?そんな映画がありましたよね。
「この冬乗り切れるのだろうか?春まで生きていられるのだろうか?」
そんな事を毎年思いつつ、15年が過ぎました。
私の故郷は雪の少ない地方だったので何もかも初めての経験でした。

冬の厳しさは前と変わりませんが、それに対処する方法がわかってきました。
「何もしないで家にこもる」「危険なので外には出ない」「燃料を節約せずストーブは24時間ガンガン焚く。室温は常に20度をキープ」
これが良策です。
お隣さんに叱られるわけではないので、慌てて除雪作業をする必要はありません。
ところが街ではダメなんですよね。家の前の雪かきをしないと近所迷惑になってしまってトラブルになります。

「春が待ち遠しい」なんて事は思ってはいけません。心が折れてしまって弱気になり、一気に崩れてしまいます。
雪が消えるのは5月の連休明けですが、南極越冬隊よりだいぶマシだと思えば気が楽です。
家にこもる生活もコロナ禍になってからは市民権を得たような(苦笑)
つまり時代を先取りしていたのです! (巣ごもりという言葉は嫌いです)

元々は猫を飼うためにここに引っ越して来ました。
街の賃貸住宅はペット禁。ここなら冬は厳しいけど家賃はタダ。爪とぎで家をボロボロにしても誰にも叱られない。
しかし「タダほど怖い(高い)ものはない」と言われますがまったくでした。

窓から見える木がクリスマスツリーのように見えてきました。
年じゅうクリスマスだったらオメデタイですね(笑)


桜の枝が電線のほうに伸びて危険になってきました。
切ろうと思うのですが、ハシゴが雪に埋まって見つかりません。
毎年同じあやまちを犯します。来年は冬が来る前に木に立て掛けておこう。
1時間雪を掘ってやっと見つけました。大変疲れたので、いったん終了。
その後雪が柔らかい暖かい日に掘り出しました

下は凍って土に接着された状態で剥がすのが大変でしたが、2週間かかってようやく取り出すことができました。
気の長い話ですねぇ。「慌てず騒がず無理をせず」まさにスローライフ。
今度天気の良い日に枝の剪定をする予定です。
万一ハシゴから落ちても下は雪深いのでケガをする心配はありません。

15年前にここに来たときにはヒョロヒョロの細い木で、花は10個しか咲きませんでしたが、今はもう大木になり花は数百個も咲いて見事です!!
山桜は野生なのですごく強いです。
剪定した枝は外に捨てておいても花が咲きます。すごい生命力ですね!
他にも小さな苗木をたくさん植えたら、みんなどんどん生長して見事に花が咲くようになりました。
狭い庭ですが10本の桜があります。
豪華なお花見、5月10日頃になります。ですが私は花より団子、美味しい物を食べるのが一番の楽しみです(笑)
トラちゃんも一緒にネ(=^・^=)

お手の練習をしています。
お手をする猫の動画を見たことがありますが、感情抜きで機械的に何度も何度もやっていました。最初からできたそうです。
根気よく教えればできるようになるという話もあるので、15年もやっていますがまだ覚えません(笑)
もっと小さい頃から教えれば良かったのかも。たまにしかやらないせいもあるでしょうね。
「これってお手なんだよ。覚えてね」よーく言い聞かせていますが、

もう16歳なので無理かな。

お尻尾遊びも。
子猫の頃はじゃれて遊びましたが、今は無反応です。
ただニコニコしているだけ。

この前の鍋専用チキンラーメンです。
いろいろ入れて豪華版です。栄養満点!すごく美味しかった。
しかし、チキンラーメンはお湯をかけるだけで食べられるお手軽さが良いんですから、こんなに手間をかけたんじゃ意味がないですよね。
他の袋麺でも良いわけです。でもこのチキンラーメンは麺とスープがとても美味しい。

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[10 ]   トラックバック[0] 

22/01/21 01:55

街へ買い出しに

もう桜餅が売られていました。私としては年中売って欲しいくらい大好きです。
美味しいだけでなく、この色と形は気分的に明るくさせてくれます。
佐久市のカナメヤ製菓が一番美味しい。製造元をよく確認してから買います。
関西の人には知られていないクレープ風の皮。これを考案したのは東京の菓子店だそうです。
餅米ではなく小麦粉で作られています。
粒あんを選びましたが、こし餡もありました。

1ヶ月ぶりで買い出しに行って来ました。
ずっと毎日天気が悪く、雪が降らない日を天気予報で慎重に選んで出かけましたが、帰り道は雪がどんどん積もってきて危ないところでした。
ガソリンスタンドとホームセンター。この店では最近生鮮食料品も売るようになったので1軒ですべて間に合います。
灯油と米は一番重要。猫餌と猫砂も。砂10kg2袋+米10kgは重かった!
灯油2個は10日で終わります。値上がりが激しくて驚きました。
コロナ禍で需要が減っているのに、なぜか原油価格が上がっている。
車はたまにしか乗らないのでガソリンは入れませんでしたが、すごく値上がりしていてビックリ!
ミカンとリンゴも高いのをガマンして買いましたが、どちらも品質は悪かった。
1袋400円以上もしているのに。
袋チョコは名糖が良いです。他にもたくさん買いました。
米は今までは長野県産コシヒカリでしたが、今回は少し安いあきたこまちを買ってみました。
大きな白菜(写真はありません)を買ったのは、保存がきくし何にでも使えて美味しくて、とても価値ある買い物でした。

コロナがすごい勢いで増えているので、人が多い所へは行きたくないですが、次はいつまで耐えられるでしょう? あと2週間で患者数は減るでしょうか?
肉や魚は買わなかったので、また行かなければなりません。

コロナに関しては、混沌とした情報が多いですが、珍しく良い記事を見つけました。

オミクロンが「自然のワクチン」にならない理由
https://news.yahoo.co.jp/byline/onomasahiro/20220120-00278112
英国で活躍している日本人研究者です。要約すると、

・オミクロン株が弱毒性なのは若い人だけで高齢者の場合には前と同じ。ワクチン未接種の人も危険。
・オミクロン株が100%になれば従来株がなくなって、コロナが収束に向かうと思うほど甘くはない。また次のが出て来る。
・感染歴があってもワクチンの効果には及ばない。抗体は長続きせず再度感染する。
※感染歴のあるジョコビッチ選手がオーストラリアに入国拒否されたのは、ワクチン未接種だったため。
・ワクチンが効きにくくなっているが、重症化を防ぐ効果が大きい。
・マスクなどの基本的な感染対策が大切だ。ワクチンの効果は絶対ではないが、これしか対策はない。

コロナ禍、まだ先は長いようですね。
美味しい物を食べたり、運動をしたり、楽しい事を考えたり、そうやって健康増進につとめることが一番の対策だと思います。
ペットの癒やし効果も大きいと思います。

ポンちゃんラーメンは長野市の会社が作っています。県外にも売ってるのかな?県内でも一部地域だけ?よくわかりません。
歴史が古く、昭和40年頃からありました。我が家ではダンボール箱で買って食べていて、子供の頃はコレが主食でした(笑)
おそ松くんに登場する小池さんを思い出す。ちぢれた髪の毛はラーメンみたいだし、目は渦巻きになっていてナルトみたいだ。
安いし、明星チャルメラに似た味で美味しいです。普通は醤油味だけなんですが、この店には味噌味もありました。これもなかなか旨い。

チャルメラの宮崎辛麺。
辛党の私でも音を上げるほど辛い(*_*)
宮崎の人ってこんなに辛いの食べてるんだろうか? 皆さんもお試しあれ。

マルタイは本場の九州ラーメンです。細ストレート麺が特徴。
高菜と紅生姜、キクラゲのトッピングで食べるべし。
若い頃、仕事で博多へ行ったときに地下街でたまたま入ったラーメン屋が美味しくて、高菜食べ放題だったのも感激しました。
以来九州ラーメンの大ファンになりました。
普通の袋麺に比べコンパクトなので保存用に良いです。
カップ麺はかさばるし高いので私は買いません。

庭の畑で作ったジャガイモです。すぐれた保存食です。
品種は男爵の改良種のキタアカリ。ホクホクして美味しいしビタミンCが男爵の1.5倍豊富です(ビタミンCは少しぐらい加熱しても破壊されません)
おでんに芋を入れると美味しいし、芋ゴロゴロのカレーも作りました。
ポテト塩バターラーメンも美味しいよ(^_^)/
去年は不作でしたが、今年は頑張ってたくさん作りたいと思います。
芋を主食にするくらい作りたい。

ゴロゴロしているのは芋だけではありません(笑)
ちょっと撫でただけで、たやすくゴロゴロ言います。
うるさく鳴くときは、触ってやるだけで静かになります。甘々の寂しがり屋なんだね。

最近はここが定位置になりました。暖気は上に行くので暖かい。
高いから見晴らしが良いし、単純なので飼い主を見下ろしてそれだけで優越感にひたっています(笑)
この棚には物が置けなくなってしまいました。

あれから大雪で苦労しています。玄関から車までの通路を作るだけで疲れてもうダメ。筋肉痛関節痛です。
先日せっかく綺麗にした車も、このように雪に埋まってしまって元の木阿弥。
車は2週間も動かさなかったけど、ちゃんとエンジンがかかってホッとしました。
これでも積雪はまだ平年並みといったところ。
過去にはこの2倍近くも積もったことがありました。

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[10 ]   トラックバック[0] 

22/01/14 05:49

冬の鍋物特集

成人の日。蝶ネクタイを付けた10年前の成人式の写真です。
さすがに威厳のある大人の表情をしていますね(笑)
今は20歳+10=30歳? いえいえ16歳です。猫は6歳でも立派な大人だし、猫の時間は逆向きに流れる?
今ミヒャエル・エンデの「モモ」を読んでいます。時間が逆に流れる世界がありました。もう何度も読み返していますが、そのたび新しい発見があって面白いです。
急ぐほど遅くなってしまう世界も。せっかちで失敗が多い私には良い教訓になります。
「灰色の男たち」はタバコが大好きで、タバコがなくなると死んでしまうのでした(笑)

 

七草粥を真似たお雑煮です。
雪の下から掘って来た「すずしろ」を使って、他はゴボウとか人参とか野菜なんでもいろいろ。正式な七草にはこだわりません。
腹の底から温まりました。これを食べると1年間風邪をひかないとか。
pilさんのブログを見てナメコが食べたいなと思っていたら、冷凍のヌメリスギタケがありました。
これはナメコとほとんど同じ味です。去年はキノコが豊作でした。冷凍庫の中はキノコがいっぱい!
右は釜めし容器で作ったラーメン。麺は下に隠れています。
ワカメとネギをたっぷり。ごま油をちょっと入れると美味しい。
メンマは自家製です。市販品は添加物が多いので、水煮メンマを買って一度煮こぼして洗ってから味付けしました。

大根煮物
大きな大根をいただいたので、全部煮て大きな袋に詰めて冷凍保存しておきました。
根昆布と一緒に煮て、そこに身欠きにしんを入れました。
身欠きにしんは優れものです。冷凍保存できるし良いダシが出るし、とろける美味しさです。骨も軟かい。
面倒なので切らずに入れてしまいました。これ1尾111円でした。
本来はこぶ巻きの芯に使う物です。こぶ巻きは母から受け継いだ私の得意料理でしたが、面倒なので今は作りません。
昆布でニシンを包んでかんぴょうで縛るんです。

翌日は竹輪とこんにゃくを入れておでんにしました。

12月20日以来買い物に行っていませんが、保存食がまだたくさんあります。
きんぴらゴボウを大量に作って冷凍してあります。少しずつ取り出して味噌汁や煮物にも入れています。
人参も同じように油で炒めて冷凍保存しています。
人参はそのままでも1ヵ月は保存できるし、ピーマンも2週間はそのままで大丈夫。
人参やごぼうを入れると和風スープが美味しくなるんですよね。
私はピーマンが大好きで、ピザトースト、ナポリタン、ポタージュスープ、カレーにも。

猫が乗ってるのは根昆布。「猫んぶ」だよ(=^・^=) 肉厚で美味しいよ。
この松前漬も優れた保存食です。食べたいときにすぐに簡単に作れて、とても美味しい。
はったい粉 こうや豆腐 どちらも関西名ですが、こちらでは「こうせん」「しみどうふ」です。
味がしみるから「しみどうふ」なのかと思っていましたが「凍み豆腐」でした。
昔は軒先に豆腐を藁で縛って吊るして凍らせて乾燥させて作りましたが(フリーズドライ)そういうのはカビ臭くて美味しくなかった。
藁で縛った物、今でもたまに道の駅などで売られています。
今は工場で作るので綺麗ですが、昔のような渋い味わいはありません。
干し椎茸と一緒に煮込むと美味しい。それを卵とじにすればさらに美味しい。
こうせんの美味しい食べ方。
砂糖と混ぜて粉のまま食べるのが一番美味しいけど、気道に入ってむせるので、お湯で溶いて飲みます。緑茶で溶くとさらに美味しい。きな粉と混ぜると美味しいです。
コーヒーや紅茶で溶いても美味しいと思います。
甘酒やおしること混ぜても美味しい。雑穀類なので健康食です。
小麦粉と混ぜて和風ホットケーキを焼いても美味しいでしょうね。
あべかわ餅のようにして食べても美味しい。

黒砂糖は健康に良いですが、味にクセがあるので私は白砂糖と混ぜて使っています。
ちなみに三温糖には黒砂糖の成分は入っていません。あの色はカラメルです。

ドライキクラゲ。黒キクラゲは中医では体を温める作用があるとされます。キムチ鍋、ラーメン等に。

酒粕は利用価値が広いです。
水と砂糖を入れて3分間加熱すると即席甘酒ができます。
味噌汁に混ぜると美味しくて体が温まります。
オーブントースターでこんがり焼いて食べるのも美味しい。そのときに味噌と砂糖を塗ってから焼くと美味しい。
マヨネーズを塗って焼くのも美味しい。味噌+マヨも美味しい。
しかし食べすぎると酔ってしまいます。

こうしてみると美味しい物って無限にありますね!
皆さん、豊かな食生活を満喫しましょう!!

 

普通なら雪が頑固にこびりついているのに、このところ猛烈に寒いのでパウダースノーで、サラリと落ちました。
普通は竹ボウキを使いますが、座敷ボウキならキズがつかないし雪を払うと洗車したようにピカピカになって一石二鳥です。
良い道具を有効活用です。でも頑固な雪には力不足です。
ちなみに、うちのホウキは30年以上たっても立派に実用できています。

水が不足してきたので雪をバケツに入れて融かしています。
ポリバケツは熱に弱いので、高価でしたが金属製を買いました。
良い道具は一生ものです。愛着が湧きます。
雪は真っ白なので綺麗に見えますが、融かして水にすると黒いススのようなゴミがいっぱいです!
飲用にはできません。裏ごし器で濾して洗い用に使っています。それでもまだ濁っています。

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[10 ]   トラックバック[0]