21/12/03 00:21

厄介な手続きが終了

コロナは収束に向かうかと思いきや、オミクロン株の脅威が!
子供の頃21世紀は明るい未来かと思っていましたが、暗い世の中ですねぇ。
発想を転換して「暗い世の中でも楽しく生きる方法」を考えましょう。
今までと違った楽しみを見つければ良いのです。
旅行や外食をしなくても家で楽しめる事はたくさんあります。

オミクロン星というのがあるんですよ。
無気味な赤い色をしていて不吉な印象です。
くじら座ですから今南の空に見えます。これは普通のくじらではなく神話の化け物くじらです。
この写真は西の空に沈むところで、肉眼で見たのと同じような感じに写っています。
別名ミラ。約1年周期で明るさが100倍以上も変わります。
この写真では明るく写っていますが、今はもう暗くなっていて肉眼ではほとんどわかりません。

子供の頃買ってもらった図鑑です。
ミラは太陽の何百倍もの大きさです。太陽は地球の100倍以上あるので、いかに巨大な星かわかるでしょう。
この巨大な星は不安定なので膨張収縮を繰り返して大きさが変わり、それで明るさも変わります。
そのうち爆発して消え去ってしまいます。星の終末期の姿なのです。

※星の名前は星座ごとに明るいほうからα,β・・・でOがオミクロン。
ギリシャのアルファベットですが、読みが違うだけで英語やドイツ語とよく似ています。
コロナ変異株、24文字使い切ってしまったら次はどんな名前になるんでしょうね?
次から次へと無限に出て来るんでしょうか?
世界中に感染者数が多いからこうなるわけで、
ウィルスは体内で増殖し変異するので、感染者数を減らせば変異の確率も下がるはず。

上の画像を北アルプスのパノラマに入れ換えました。
この場所まで家から約5kmですが雪はほとんどありません。この前ここまで歩いてみました。
家の場所はこの地区で一番悪条件なのがわかります。
往復で結構な遠足になりました。街まで歩いて行くのは無理だと思いました。
街までは片道20km以上あります。しかも急傾斜です。

ここから車で20分ほど走ると街はもうすぐ。道端にはタンポポと菜の花が!まるで別世界です。
もう春ですか?新春と言いますからね、お正月はもうすぐです。

運転免許の更新に行って来ました。(写真を撮り忘れたので5年前の写真です)
向う5年有効なのでひと安心です。5年後の自分なんて想像できません。年はとりたくないものですね。
もうすぐ来る誕生日も嬉しくありません。しかし自然に逆らっても疲れるので現実は受け入れなければ。

コロナ禍で人の多い所は行きたくないので、免許の更新は前から一番の悩みの種でした。
幸いこのところ県内の感染者数は0が続いていたので運が良かったというものです。
今回は写真が割と良く撮れて気に入りました。今までは指名手配の写真のようなひどい顔でした。
全員マスクをしていたし、隣の人との距離をとる、窓を開けて換気をするなど感染対策がされていましたが、十分とはいえませんでした。
しかし一番ご苦労なのは毎日ここで働く職員の方々です。

こういった手続きは厄介で面倒で嫌ですね。
先日は2年に1回の車検もありました。12月が車検なのは困った事です。雪が積もったら危険ですからね。
1ヵ月前から可能なので急いで行って来ました。
その2日後には雪が積もったので危ないところギリギリセーフでした。借りた代車は夏タイヤでした(大汗)
夏タイヤで雪道は1kmたりとも走れません。実際に経験がありますが、歩いたほうが早い。事故でも起こしたら取り返しがつきません。
慣れない車で雪道を走るのは絶対に嫌です。

運転免許と車は、ここで生きていくには一番大切な物です。
車は大好きですが、危険なのでなるべく乗らないようにします。
厄介なのが両方片付いたので、やっと肩の荷が下りてお正月を迎えられます。
クリスマスよりもお正月が好きです。もう早お雑煮を食べました。

去年の今頃も厄介な手続きがあって気苦労の連続でした。
母が他界したので遺産相続と税の申告と支払い。
コロナ禍なので対面一切なしで、親切な税理士さんのおかげでなんとか乗り切ることができました。
この世の中、厄介な手続きが多いですね。
この家も晴れて自分の名義になり、安心して今後の生活設計ができます。そう思ったらもうこんな年齢になってしまっていた。やっと自分の人生になったような。

 

雪が降って外で遊べないのでお布団遊びだニャ。
朝起きて光が眩しくて、まだ寝ぼけている顔。ちょっとウインクしているような。
起きてひと仕事(仕事?)したら布団にもぐり込んでまた寝ます。お尻尾が(笑)

大きなボウルに水をためて洗い用に利用していましたが、こんなふうに凍ってしまったのでは使い物にならないので、もうシーズン終了で片付けます。
ここでは冬の間は液体の水は存在しないのです。昼でも氷点下ですから。
水を作るにはストーブが頼りです。
下のはもう1個あったのをひっくり返したところです。

焼きそばを食べたくなったので、キャベツを雪から掘り出して食べました。
玉になっていないけど、美味しく食べられました。
他に蕪と大根を掘って食べました。新鮮でした。

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[2 ]   トラックバック[0] 

21/09/24 01:01

晴耕雨読

良い言葉ですね。昔から憧れていましたが、何十年もかかってようやく実現できました。
「忙しいのは良い事だ」という人がいますが、私はそうは思いません。猫のようにノンビリしたいです。

自給自足は目標ですが、不可能に近いです。
自給自足できれば他人に束縛されず自由になれます。
頑張れば50%ぐらいまでは自給できるかもしれません。
ここは大変痩せた土地なので農作物はまったく期待できませんが、土壌改良と肥料で少しずつ良くなってきました。
赤カブ、白カブ、大根、ネギ、チンゲンサイ、山東菜など作っています。
キュウリも小さいのがまたできてきました。

キャベツもできてきました。右は長芋。

栗拾いをしました。山の栗は小さいけれど味が濃くて美味しい。

ぶどうの葉っぱが真っ赤です。

ヤマボウシが鈴なり。甘くて食べられますが、あまり美味しくない。
鳥も食べません。観賞用ですね。

ナギナタコウジュ。面白い形をしています。

 

マツモムシです。すごく珍しいです。

子供の頃はたくさんいたんですけどね。
水生昆虫の類は激減です。田んぼの農薬のせいかな。
これは小学生の頃の図鑑です。昔の図鑑は絵の質が良い。
タガメは一度も見たことがありませんが、他のはいました。コミズムシ(右下)は可愛かったです。

トラちゃんは優秀な番犬(番にゃん)です。
この目で見つめられると凍りついてしまって、怪しい者は侵入できません(笑)

読書の秋。
義父が残した歴史の本、捨てなくて良かったです。
高校時代は歴史が大の苦手でしたが、教科書と違ってこの本は面白い。
国民の歴史(文英堂 昭和44年)
著者の主観で書いていて、歴史上の人物が身近に感じられます。
昭和初期から読み始め、昔にさかのぼって今明治維新の所を読んでいます。
なぜ無謀な戦争をしたんだろう?日本人の心って何だろう?これがテーマです。
歴史には真実はないと思います。
仮にタイムマシンでその時代に行っても全体像は見えないし、人によって解釈は違います。
だから自分の主観で良いと思うんです。何を思っても自由です。
歴史を知ることによって、今の世の中が理解でき近未来が予測できます。
この本に書いてある事も丸ごと信じるつもりはありません。常に疑いを持って読んでいます。
江戸時代から昭和に至るまでのロシアとの関係が興味深いです。ペリーの黒船の件より重要かもしれません。
隣の国ですが不幸なことに、ほとんど戦争また戦争の歴史でした。これは意外と知られていません。
次回はそれについて書いてみようかと思っています。
大正時代の米騒動の原因もロシアとの戦争です。

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[12 ]   トラックバック[0] 

21/06/11 03:49

車買いました^^¥

とは言っても前と同じじゃないか(笑)
そうです。同じのを買ったんです。(スバルプレオ平成18年式)
前のと同じ年式で5ヵ月新しい。こういうのは幸運な出会いっていうことですね。奇跡的でした。
昔は大きい車が好きだったんですが、この土地に住むようになってからは道が狭いので軽にしました。本当はもっと小さくても良いんです。

特別なリクエストで同じ車を探してもらいました。
左側が新しい車、右が前乗っていた車です。
色は何でもいいと言ったんですが偶然色まで同じです。
シルバーは無難な色ですね。
いまどきオートマでなくマニュアルギアの車は珍しいです。
(なんと全体の1%だそうです)
珍しい車なのに見つかったのはすごくラッキーでした。
大切にして、今度は末永く愛用しようと思います。

前の車はサビてボディが芯までボロボロ!
大きな錆の塊がグサッと剥がれ落ちました(汗)
走っているとチキチキバンバンみたいに空中分解しそうで怖かったんですよ。
なにしろ15年も前の車ですからね。あちこちガタガタでした。
しかし、驚いたことに今度のは同じ年式なのに程度極上なんです。全然錆びていないし、ドアを開けると新車の香りがします。ほとんど使われていなかったみたいです。
よくこんな極上車が現存していたものだと驚きました。しかも希少車種ですから奇跡的です。
お値段は古い車にしては少し高いかなと思いましたが、前の車を修理して乗るよりずっと安いです。

今の新しい車は魅力がありません。丸っこい形は嫌いです。目は変なツリ目だし。
この目が好きなんですよね。でもカッコ悪い車だと思います。カッコ悪くて地味な外観がかえって良いかもしれません。

それに、ここで使うには冬の雪道を安全に走れることが第一。
この車は今まで乗ったどの車よりも優秀です。スリップしたことは一度もありません。
そしてシートの良さ。体にフィットして長時間乗っても疲れません。高さもちょうど良いです。
これも今まで乗った車の中では最高。

内装はとても綺麗です。室内が広く荷物がたくさん積めます。
安定感や乗り心地もバツグンで、軽ではなく大型の高級車のようなフィーリングです。
静かで滑らかな走りですが、見かけによらずアクセルを踏み込むとレーシングカーのような勇ましい音に変わり、力強い加速をします。これがまた爽快感あって心地よい。
曲がりくねった急傾斜の山道もキビキビ走れて運転が楽しい。
四駆だから燃費が悪いはずなのに、前乗っていた軽トラよりずっと良くてリッター17km近く走ります。古いのに故障はほとんどありません。
3年間乗ってとにかく惚れ込んでしまいました。それで同じ車を探してもらったんです。マイナーな車ですが、これは隠れた名車かも。

 

窓の外は緑がいっぱいです。
緑を見ると視力が良くなるらしいですね。

ミズキの白い花があちこちにいっぱいです!大木になります。
梅雨はどこかへ行ってしまいましたね。
毎日乾燥した晴天で嬉しいです。夜は星が綺麗です。

タニウツギ。ヤマボウシ普通は白ですが、ピンクのがありました。

クリンソウ。サクラソウの仲間ですが、背が高いです。ヤマオダマキ。

座敷童第二弾(=^・^=)
椅子をトラれました(^_^;)悪気がなく遠慮がない。いつも上機嫌です。
布団と椅子は真っ先に猫に占領されますね。
車を買ったので祝賀会でカツオが出るかな。実は冷凍庫に隠してあるんですよ。
目に青葉 ああ初ガツオ 初ガツオ
初ガツオ、かわず飛び込む水の音
初ガツオ、そこのけそこのけお猫が通る(=^・^=)
名月や、ああ初ガツオ 初ガツオ
お粗末でした(-_-;)

ところで、前の車にはハンドルに犬か猫の爪あとが付いていました。前オーナーは犬か猫を抱いて運転してたんでしょうか?(笑)
まさか犬が運転してたってことはないですよね。

今度の車はハンドルは綺麗ですが、ボンネットに猫が乗ったらしく3本の爪あとが!3本だから犯人は三毛猫?(笑)
お猫様の仕業なら許せます。浅いキズなので磨けば消える程度です。

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[16 ]   トラックバック[0] 

21/02/26 00:31

雪国の苦労

これは街で見つけたヒメリュウキンカです。
ヨーロッパ原産ですが、野生化しています。
普通は3月か4月開花だそうですが、日当たりの良い場所で2月22日にもう咲いていました。福寿草より早いです。
調べてみたらリュウキンカとは全然別の種で、福寿草に近い種類だそうです。
だから花が咲いて種ができた後は枯れてしまい、夏眠に入ります。葉っぱがないのでどこに生えていたのかわからなくなります。

春が近づいたので、トラちゃんの寝床にも西日が当たるようになりました。
天才バカボンのテーマソング「西から昇ったお日様が」そのものです(笑)やおら起き出してきて一日の始まりです。
二番も面白いですよね。「柳の下に猫がいる。それがネコヤナギ」
夜も見張りにも余念がありません。

リスちゃん、また来てくれました。
クルミが大好きで喜んで食べています。ピーナツは食べません。
すぐ近くの窓辺でトラちゃんが食い入るように見つめていても平気です。
リスちゃんについては次回また詳しく。

その後急激に雪解けが進みました。
今年は春が早いです。
木の周囲から丸く雪解けするのは不思議です。木が熱を発しているわけではないと思うのですが。

さて、ここからが本題ですが。
雪国の苦労を皆さんにもわかっていただきたいです。
本当は雪の話はしたくないし、雪の写真は出したくないんです。
雪についてのコメントも
「大丈夫ですか?大変ですね、ご苦労様です」という言葉を期待しても、なかなか・・・

数年前の大雪の写真を引っ張り出して来ました。
結論から言うと、雪は地震などと同じく災害なんです。
これがなかなかわかってもらえません。

長野と新潟では雪のせいで命を落とす人が毎年かなりの数に上ります。
全国ニュースで流れているはずなんですけど、関係ないと思って皆さんスルーしているのでしょう。
私の知り合いの校長先生も犠牲になりました。
伯父は半身不随になってしまいました。
雪下ろしなんかしなきゃ良かったんです。命のほうが大切です。屋根の雪は気にせず自然に落ちるまで放置すべし。家が潰れそうだったら逃げれば良い。

雪下ろしの話はタブーです。
「雪下ろし中の事故にはお気をつけください」東京の気象予報士はあまりにも気軽に口にします。
「雪下ろしは危険なのでやらないように」と呼びかけるべきです。
雪国の厳しい現実を知らなさすぎます。

思い出したくもないし、私は雪の写真を見るのが怖いです。
なんとか春まで生き延びることができました。
でもまた翌年には嫌な冬がめぐって来るのです。

前の道路まで出るために、たった10mの通路を作るだけでも大変な重労働です。
(公道は行政サービスで除雪されます)
一晩で一気に1mも積もることがあります。恐ろしい「雪の土砂降り」です!
雪かきではなく「雪掘り・雪投げ」です。豪雪地ではそう呼びます。
これをやらないと、どこへも行けません。
想像してみてください。家を出られなくて長期間孤立したら、どうなるでしょう?
食料は尽き、医者へも行けません。

1回だけでも大変なのに、せっかく苦労して作った通路もまた次の雪で埋まってしまい5回6回と同じ事の繰り返しです。
氷点下の寒さなのに暑くなってどんどん脱いでTシャツ一枚になってしまい、汗びっしょりで身体から湯気が立ち昇ります。
足腰立たないくらい疲れてしまいます。肘は痛くて曲がったまま伸びません。
お勤めしている人は職場へ行くとまた同じ作業をしなければなりません。雪の日の朝は2時間早く起きて準備しないと間に合いません。
そしてお客様の所へ配達に行くときなんか、これまた大変!

片付けた雪の持って行き場がないので高く積み上げますが、これは全部スコップで手作業です。こんなに高く自分一人で積み上げたんです。
腰を痛めたらもうオシマイです。除雪作業ができなくなれば、ここでは生きていけません。
除雪機は高価だし危険だし小回りがきかないんです。
除雪機に巻き込まれる事故が多発しています。

これは3月8日の写真ですよ! 寒いので雪は融けずたまる一方です。雪が消えるのは5月の連休明けです。
寒いのが問題なんじゃなくて、雪が問題なんです。
寒いのは暖房や防寒着で解決できますが、雪だけはどうしても解決できません。
ガスバーナーで憎き雪を融かしてやりたい気持ちになりますが、焼け石に水。ガスボンベを大量に消費するだけです。
ストーブでお湯を大量に沸かして外に撒いて雪を融かしたら?なんて考えますが、どれだけの化石燃料が必要でしょうか?
外でストーブを焚いたら?(苦笑)
誰か良い除雪方法を発明してください。
温泉水や地下水を道路に流して除雪している地域があります。これは燃料代がかからず優れた方法です。
しかし地域限定ですし、排水が悪く水がたまってしまうと大変。それが翌朝に凍ります。
一度凍ってしまうと春まで融けません。

震災ボランティアのように助け合うシステムはできないでしょうか?
「雪かきボランティア」という運動が一部では芽生えましたがコロナで立ち消えになってしまいました。

除雪作業の腰痛防止のために3年前からスクワットを始めました。
効果絶大で、体調が良くなりました。気分も明るくなります。アスリートだった若い頃学んだことが役立ちました。
(スクワット超健康法という本があるほどです)
体がなまりきっていたので最初はごく軽いので始めました。3年間でだいぶ力がついて除雪作業が楽になりました。
この姿勢が大切です。膝に負担をかけずに体幹(背骨を支える腹筋・背筋)を鍛えることができます。
スクワットは脚の運動だと思ったら間違いです。やり方を間違うと膝を痛めます。膝は直角以上曲げないように。
一般の方はバーベルを使わずに空身で行ってください。
10回×3セット、3日に一度が良いです。筋トレではなく健康体操と考えてください。

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[14 ]   トラックバック[0] 

21/01/15 00:19

天空の城ラピュタ?

たいそうな題名ですが(笑)
この前の面白い家、下へ行く道を見つけたので見に行って来ました。
昨年末まだ雪が少なかった頃です。
今は雪が多くて行くのは危険です。雪道の運転には自信がありません。
慣れで解決できるようなものではありません。とにかく出かけない事が一番です。

このときはこの家の玄関先に車が入っていました。
ブルーシートの所です。
これには驚きました。車の重量にも耐えるんですね。
冬でも人が住んでいることがわかりました。
私の家から5kmぐらいですから気候はだいたい同じです。
ド根性だと思います。

似たような家は他にも何軒かありました。
この家は下の道から上って行きます。
階段が多く、年をとって足腰が弱ったら大変ですね。
車はどこに置くんだろう? 別の場所に駐車場を借りているのかな?

この高台からの眺望は素晴らしく、群馬県境に連なる美しく雄大な山脈が一望のもと。
中央に見えるのは浅間山、左側の三角形のなだらかな白い峰は四阿山と根子岳と菅平高原です。
どちらも2300とか2500mもの高い山です。
この左側にも美しい山脈が続きます。草津白根山から志賀高原まで見渡せます。
毎日こんな景色を見ながら暮らせるなんて良いですね!
ちなみにうちからは何も見えません。森の木々の中なんです。

すぐ近くにはお洒落な家がたくさん立ち並んでいました。
背景の茶色い部分は広大なカラマツ林です。
雪は今はこの10倍以上積もっています。
ここから毎日市街地まで通勤するのは大変です。
夏に比べ、冬は2時間早く起きて準備しないといけません。
急斜面の道路は凍っていてスリップ事故が怖いです。

 

Pascoのイングリッシュマフィン。
私はこれが一番美味しいパンだと思います。4個入り119円なので安いです。
見切り品で83円になったのを買いました。たくさん買って冷凍保存しておきます。
チーズを載せて、こんがりとオーブントースターで焼いて、中がアツアツなうちにバターを少量入れて食べると最高に美味しいです。
ハムなどをはさむために間に切れ目が入っています。

ちなみに動物性油脂のバターが健康に良く、純植物性のマーガリンは健康に良くないです。宣伝文句とは逆なのでご注意!
学生時代に栄養学の有名な先生がバターを推奨していました。
(しかしバターも食べすぎるといけません)
植物性は良いのですが、マーガリンにはトランス脂肪酸(合成油)が含まれているので、脳梗塞や心筋梗塞になる恐れがあります。
また、市販のフライドチキンはトランス脂肪酸が多量に含まれる油(ショートニング)で揚げているので、要注意!
カラッと美味しく揚げるためには良いのですが。
これはピザやパンや洋菓子類にも含まれています。
だから日本古来の和食が健康には一番良いのです。

動物性・植物性、油はバランスよく摂取することが大切です。
植物性ばかりだと健康を害してしまいます。
脂肪のとりすぎは良くないですが、逆に脂肪を制限しすぎても厄介な病気になります。
脂肪に溶けている重要なビタミン類もあります。

極端は避け、何事もほどほどにですね。
動物性・植物性、バランス良く適量摂取することが大切です。
私の学生時代の専攻が栄養学で脂質の研究でした。劣等生だったし、もうすっかり忘れましたが。

風邪予防には辛味大根と赤唐辛子。
この大根はネズミのような形をしているので、ネズミ大根と呼ばれます。
千曲市に鼠宿という宿場町があって、そこの名産物です。
どちらが語源なのか?両方正しいでしょうね。
熱々のうどんに大根おろし、という食べ方が一番美味しいです。

大根おろしに味噌を溶いて熱々のうどんを入れるというのが、本式の食べ方です。ネギと鰹節もたっぷりと。
あれ?このお店は鰹節は省略か。ネギの量も足りません。

唐辛子はこのまま1本ずつ煮物に入れて、猛烈に辛いので用心しながら少しずつ噛んで味わいます。
良い風味があるので煮込むとスープが美味しくなります。
中の種の部分が一番辛いです。前は切り開いて種を捨てていましたが、今は丸ごと利用します。
全身がカーッと暑くなって、服を一枚脱いでしまうくらい効果があります。
150円で約2ヶ月分ですから安いものです。

あと、コロナに緑茶が効くという話を読みました。
ちゃんとした学術論文なので信憑性が高いです。
インフルエンザ予防に緑茶のうがいが有効だ、という話は昔からあるので同じ理由で効くのでしょう。
日本の伝統食は大したもんですね!

 

トラちゃんは絶好調になりました。
3週間前には大変だったんですよね。あれは何だったんだろう?
まるで毒蛇にでも噛まれたような状態でした。
半年前に歯が抜けた歯周病が悪化したのではなく良かったです。

カサプタが取れて毛が抜けて右頬がハゲになっていますが、傷口はすっかり綺麗に治りました。
治療に使ったのは消毒液マキロンです。これは耳が痒くなったときにも効果絶大でした。
シュッシュとやると怖がるので、ティッシュや綿棒に含ませて塗布します。
治療は嫌がらず気持ち良さそうにしていました。

すごい!(◎o◎)/
昨夜またまた大ジャンプです!!
幅跳びの練習、毎日10回は跳びます。
記録を30cm更新しました^^¥
高さも出て来ましたね。空飛ぶ猫です。

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[12 ]   トラックバック[0]